« 秋の日はつるべ落とし | トップページ | 我が師、エミ・エレオノーラ »

2014年10月13日 (月)

夢見心地の寓話の世界から未だ帰還できず

丸山研二郎との北陸ツアーから帰って参りました。
やはりいつもの如く別世界を彷徨っていたような感覚。
特に白山の麓にいるとそれを強く感じる。
魂は今もまだ帰宅できていないようですが、その間に少し回想しておこうと思います。

 

その前に

 

9月末からの活動報告も備忘録として書き留めておこうと思います。

 

Photo

Photo_2

まずはアコーディオニスト五人が登場した 『奈良にくぎづけ vol.33』
藤沢祥衣、菅野稔子、チエルーム、岡田路子、そして とる子
実に壮観、荘厳な楽しい夜でした。

 

Photo_3

続いては、名古屋 BAR Stregaでのもはや恒例と言えるAll and Sundryとのあたたかな夜。
アルバム発売おめでとう!
ようやく大好きな曲たちがゆっくり聴けるようになって余は満足である。

 

Photo_4

そして、素晴らしいアコーディオニスト、田ノ岡三郎さんとのツーマン@CLUB WATER
ジョイントも多々あり、さすがの絡みに感服の笑みもこぼれまくり。
そして、CLUB WATERのJimmyさんの丁寧な機材の扱いと、
不器用ながらも(表面的にうまくやろうという感じではなく、という意)真摯に音楽と向き合おうとされてる姿を垣間見れて良い夜になりました。

各地で駆けつけてくれた皆さん、ありがとう。

 

さて、そんな日々に続いて訪れた丸山研二郎(以降、まるけん)との日々。

 

まずは、北陸出発前に大好きな大阪は雲州堂でお手合わせ。

まるけんが雲州堂の雰囲気にバッチリとハマるのはわかっていたけれど、本当に神々しさを増していたような気がする。
MCでも言ったが、まるで 「秘仏公開」 みたいな様相を呈していた。

 

1

写真はサウンドチェック時のまるけん。

といいながら、まさかのコール&レスポンス(これがまた素晴らしい)や身体表現も登場し、
また新たな一面を見せつけらることに。
プレイや音楽性でも停滞することを知らない男だが、振り幅が更に広がってきてるな…

いいステージを見せられて、静かにメラメラと闘志を燃やしながらNolenNiu-de-Ossiも楽しく気持ち良くやらせてもらいました。

2

 

今回の北陸ツアーがまた素晴らしいものになる確信を得た初日の夜。

 

翌日は共に北陸道を突き抜け、杉津PA(すいづ って読むのね)で敦賀湾を眺めながら昼食をとり

3

 

4

おなじみ、白山市の 「溜まりBAR夕焼け」 に到着!
まさに夕焼け!

もう北陸でのホーム感を抱かずにはいられないこの場所。

 

5

まるけんはもちろん素晴らしいステージ。

そして、例のパラポラペペーイ!のコール&レスポンス時。
全身全霊で身体表現するオーナー、のっぽさん(笑)。

Image

 

最高だな。

 

そしてこの聖地での最高な夜はまだ続く。

 

Image1

完全に歌声喫茶と化す溜まりBAR夕焼け。
シャンソンからアメリカンポップス、懐メロに唱歌…
終わることのない夜。

 

そして、久々に丸山研二郎の涅槃の姿を拝顔しながら眠りにつくというありがたい夜。
なんまんだぶなんまんだぶ…

 

翌日は、この白山市という夢の世界の一角にある、不思議な迷宮のような場所へ。
夕焼けがあるCommunity Space NOPPOに元々いらしたのぶさんが新たにオープンしたアトリエへ。
いやはや、素敵な迷宮の中の素敵なアトリエでした!

 

そして、三日目の会場 金沢にある 「珈琲のばん」 へ。
前回のツアー時にまるけんに連れてきてもらっていたのでその雰囲気の良さは知り得るところ。

 

11

開場前のひとこまも雰囲気抜群。

生音、生声であることがよりその場の空気を特別なものにしていて、
まるけんのステージ時には何か古い海外の映画の中にでもいるような心持ちだった。

  

21

最後は三人で数曲コラボレイト。

 

楽しい日は足早に過ぎ去ってしまうな。

翌日はもう最終日。

 

一路、北陸道を南下し福井県は鯖江市へ。

元々は所縁も何も持ち得ていなかった鯖江。
その町にあるオアシスのようなお店、RagTime
五月に初めて訪れて、まだ二度目にもかかわらず 「おかえり」 と言ってもらえる喜び。
また来れた、そしてまた会えたという嬉しさ。

サウンドチェック後は鯖江の町をぐるりと散策。

31

41

 

大きな観光スポットがいろいろあるわけではないが、「町」が好きな俺にとってはかなり通好みのするワンダーランドだ。

 

51

開演前のひとこま。
店先でギターを爪弾くまるけん。
戦前のブルーズマンみたいで妙に雰囲気がいいじゃないか。

 

そしてライブはもうあたたかさと幸福感に包まれる素晴らしい時間となりました。
マスター、お姉さん、福井の皆さん、遠方から駆けつけてくれた皆さん。
本当にありがとうございました。

 

Photo_5

最後は三人で… いろいろやったな(笑)。

 

そんなわけで、回想すればするほどに記憶が現実離れしていく北陸の日々。
ともすれば遠い昔の記憶のようだ。

そんな夢見心地な世界。
次回またあるときは皆様も是非。

 
 

さて、10月はまだまだ素晴らしい日々が続きます。

 

まずは恒例の 『奈良にくぎづけ』!
Vol.34の今月は “満を持して”
とうとうお招きします!

我らが師匠的存在、尊敬してやまないこのお方。

エミ・エレオノーラさん!

ミャージシャン、女優、音楽芸者。
20世紀末、バンド・デミセミクエーバーで日本とアメリカでデビュー。
現在、奇抜なピアノ弾き語りパフォーマンスが全国で話題沸騰中。
また女優として蜷川幸雄作品などに多数出演の他、UA、石川セリなどの歌手や舞台、映画音楽を手掛けるなど、幅広い分野で活躍中。

 

◆10月19日(日) 奈良 The Wembley Crown

 NolenNiu-de-Ossiご案内
 『奈良にくぎづけ vol.34』

 開場18:30 開演19:00
 出演予定時刻 19:00~随時
 【入場無料/投げ銭制】
 ライブチャージはございません。
 演奏を楽しんでもらえたらチップ箱にチップをお願いします。
 ※飲食店なのでドリンクやフードはご注文頂きます。
 ゲスト: エミ・エレオノーラ


 特設サイト
 PC
 スマホ

Eleonoladeossi  

 

そして、更に翌週は秋の高松に相応しい素敵なお店 Cafe de STYLE にて単独昼夜2ステージ
更には待ち焦がれた岡山MO:GLA

 

◆10月25日(土) 高松 cafe de STYLE
 
 NolenNiu-de-Ossiのシュラシュシュショウ


 [一部]
 開場14:30 開演15:00
 [二部]
 開場19:00 開演19:30

 前売2000円 当日2500円 (Drink別)
 一部二部通し
 前売3000円 当日3500円 (Drink別)
 
 cafe de STYLE
 ⇒ Website
 香川県高松市西植田町2465-1

 ※ 送迎あります。
 詳しくは上記Websiteの「お問い合わせ」で。


 

◆10月26日(日) 岡山 MO:GLA

 開場18:00 開演18:30
 前売2000円 当日2500円 (Drink別)
 出演:NolenNiu-de-Ossi/
    wolf mother ship/他

 

« 秋の日はつるべ落とし | トップページ | 我が師、エミ・エレオノーラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583070/60472142

この記事へのトラックバック一覧です: 夢見心地の寓話の世界から未だ帰還できず:

« 秋の日はつるべ落とし | トップページ | 我が師、エミ・エレオノーラ »

フォト
無料ブログはココログ