« 伝わらない音楽 | トップページ | 憧れの役柄を楽しめるこの機会 »

2018年6月18日 (月)

地震の後に

ご心配いただきメッセージ等くださった皆さん、ありがとうございました。
震源地の大阪北部地域ほどではありませんが、奈良県下でも震度5弱とのことでさすがにかなり揺れました。

先の大震災ほどの規模では全くありませんでしたが、甚大な被害のある区域もあり、痛ましい事故も起こりました。
被害が拡大しないことと故人のご冥福を願うばかりです。

 

正誤のあやふやな情報も様々飛び交うでしょうし、自身でしっかり判断しなければいけないこともあるでしょう。

それと同時に、こんなときは悪意なきものにまで無用な批判をすることや、過度の自粛を強いたりすることも避けたいものです。

もちろん、気遣わなくてはいけないこと、譲らなければいけない場面もあるでしょう。
それは常識、良識の上で判断すべきことで、なにも全員が被害者ムードになる必要はないと思います。

楽しいことがあったならそんな話題があった方がもちろんいいし、ジョークを飛ばせる人はとびきりのものを出せた方がいい。

関係ない人まで自粛して自ら暗くなる必要はないし、またそういったことで幸福な誰かを巻き込んで批判するような状況にはなって欲しくないなと思います。

 
 

さて、自分はと言いますと

今朝は用事があり、いつもより早めに起きておりました。
出発までに少し時間があったので、今週末からのツアーに向けてのアレンジで簡易ミックス作業をしていたところで…

 

大きな横揺れ。

 

さすがに 「とうとう来たか…」 と最悪の事態を想像してしまいました。
その瞬間はどうすべきなのかわからなくなり、外へ出るべきか、小さい空間に入るべきか、と2,3歩は動いたように思いますが
イヤ、今いるところが一番安全そうだな、と戻り、揺れが収まるのを待ちました。

ということは結構長い間、揺れていたんでしょうね。
実際には小物が倒れたりCDがいくつか落ちる程度でした。
他に被害がないか見て回りましたが、簡易スタンドに立てていた三味線も無事でひと安心。

両親の安否確認をしようにも通話は不可。
メールは届くようだったので、とる子等、近しい関係者の安否だけ確認して出発。
おかげさまで皆、無事でした。

しかし、電車は全線止まっているし、高速道路・有料自動車道はすべて封鎖されていたので、どこも渋滞。
移動はなかなかに大変でした。

 

いざ大きな地震がくると、やはり何をすべきか一瞬わからなくなる、というか迷いが生じてしまいます。

もしあのまま更に大きな揺れが起こり、逃げ出さなければならなかった場合は何を持つべきだったのか。

一応、簡素ではあるけれど防災グッズを入れたバッグは片隅に置いています。
一瞬はやはり脳裏によぎった気はします。

 

しかし、実際に揺れている中で瞬間的に考えたのは、まず楽器の選択についてでした。

ギターを持つべきか、三味線を持つべきか。
今、ハードケースに入れてるのはギターだ。
三味線は最悪の場合、別の場所に保管しているものもあるので、それを取りに行けば使える。
ギターはコンデ・エルマノスかドミンゴ・エステソか、どちらにしようか。

そんな感じのことを一瞬の間に考えていたように思います。

 

身の安全が第一なのはもちろんそうなんだけど、やはり勝手に頭は楽器の方にいきますね。

そんなものより命や生活に必需な防災グッズの方が大事だろう、と思われるでしょうが…
やはりミュージシャンにとっては楽器がないことが一番不安。
逆に言えば、楽器があれば何とかやっていける気がしてしまうんです。

 

実際にライブや仕事どころじゃなくなったとしても…

何もできないのなら、その間に練習でも作曲でもして先を見据えたい。
その先に希望を持ちたい、と想像してしまう。
そして、ミュージシャンであるからこそ役に立てることがもしかしたらあるかもしれない、と。

 

もちろん、実際に被災したなら、そんな時間などないかもしれない。
役に立てる機会などないかもしれない。

でも、心を支えるものがないのは一番不安な気がしてしまいます。

 

もちろん、自分に子供がいたり、あるいはペットがいたらまずその子を守るでしょう。

しかし、そうでない自分にとっては楽器が第一に存在するんだな、と改めて感じました。

 

しかし、そういうことも含め、自分の中の緊急時マニュアルは明確にしておかなければならないな、と思います。
冷静なときに 「必ずこうする」 ということを決めておかないと、実際に事が起こった時にはやはり迷いが生じて判断できないであろうことが想像できました。

 

まぁ、実際に揺れていた際は意外と冷静になるもので、上記のようにいろいろと頭を巡らしていたのですが
落ち着いてようやく食にありつけたときに気がつけば、うどんの天ぷらをおかずに白米を食べていて、なかなかの炭水化物の合わせ技に我ながら少々驚きました。

 
 
 
さて
 
警戒することはもちろん大切ですが、不安ばかりの中にいるのも心にはよろしくない。
こういうときこそ、楽しいことも考えて参りましょう。
 
 

Img_3155

 

 
今週末から!
痺れる夜をお届けしに、まずは西へと参ります。
 
 

34419252_10155330822345894_20187069

 
----------------------------------------
  
 小林未郁×NolenNiu-de-Ossi
 『どこかの世界で待ち合わせ』

 
■6月22日(金) 高松 RUFFHOUSE

 ≫ ご予約・詳細
■6月23日(土) 広島 ヲルガン座

 ≫ ご予約・詳細
■6月24日(日) 大阪 雲州堂

 ≫ ご予約・詳細
■7月27日(金) 名古屋 BLUEFROG

 ≫ ご予約・詳細
■7月29日(日) 東京高田馬場 天窓.comfort

 ≫ ご予約・詳細
 
【特設サイト】

PC
スマホ
 

 

━━━━━━━━━ お知らせ ━━━━━━━━━
 
7/16(月祝)に予定されていた642PIZZAでの流し素麺イベントですが
諸事情により中止となりました。
ご予定してくれていた皆さん、申し訳ありません。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

次回の奈良でのスペシャルなライブはコチラ!

盟友・阿部一成との特別編成です。
 

Photo

■7月20日(金) ぷろぼの食堂 Fellow Ship店
かずなり☆デ・オッシの『奈良でもあんギャ!』 

 開演19:30
 (お店は17:00より夜の部通常営業)
 終演21:30予定
 ライブチャージ 2000円 (飲食代別途)
  ※ ご注文をお願いします
 出演:NolenNiu-de-Ossi,阿部一成

ご予約は ≫コチラ≪ にて 

----------------------------------------

 

Newadventure

和楽器とパーカッションに弓や水道管まで!
他にはない楽しい組み合わせでおなじみの「りょうとつばさの不思議な冒険」に
三味線やアコーディオンも飛び出す「変幻自在のからくり音楽」のノレンニゥー・デ・オッシも加わって

もっと不思議な大冒険のはじまりはじまり!

■8月11日(土) 奈良 にこちゃん堂
『りょうとつばさとデ・オッシの不思議な冒険』

 開場16:00 開演16:30
 終演19:30予定
 前売3000円(1Drink付き)
 出演:渡辺亮,堀つばさ
    NolenNiu-de-Ossi

ご予約は ≫コチラ≪ にて

----------------------------------------

◆ NolenNiu-de-Ossi スケジュール ◆
 
6月22日(金) 高松 RUFFHOUSE
6月23日(土) 広島 ヲルガン座
6月24日(日) 大阪 雲州堂
 
7月19日(木) 奈良 天河大辨財天社(天河神社)
7月20日(金) 奈良 ぷろぼの食堂
7月27日(金) 名古屋 BLUEFROG
7月28日(土) 浜松 Shot Bar 201
7月29日(日) 東京高田馬場 天窓.comfort
 
8月11日(土祝) 奈良 にこちゃん堂
8月18日(土) 京都 RAG
8月23日(木) 大阪 雲州堂
 
詳しくは Website にて

 

« 伝わらない音楽 | トップページ | 憧れの役柄を楽しめるこの機会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583070/66844649

この記事へのトラックバック一覧です: 地震の後に:

« 伝わらない音楽 | トップページ | 憧れの役柄を楽しめるこの機会 »

フォト
無料ブログはココログ