« 夢の中で何度も訪れた場所 | トップページ | 愛おしい日々よ、さようなら »

2018年6月28日 (木)

小林未郁と待ち合わせた世界

奈良に帰ってきてからもしばらくは余韻に浸っていた。
良いツアーの後はなかなかそこから抜け出せない。
今回もそうだった。
特に日を追うごとに一体感や興奮が増していっていたので尚更、途切れることに寂しさを感じてしまうのかもしれない。

 
小林未郁×NolenNiu-de-Ossi 『どこかの世界で待ち合わせ』
前半三日間を終了して数日間が過ぎた。
 
 

『幌馬車は行つた』 以来、三年ぶりの未郁ちゃんとの旅。
幌馬車ツアーは何が起こるか分からない波乱に満ちた音楽旅であることが楽しかったが、今回はこれまで何度もご一緒してきたこの二組のそれぞれの曲でガッツリ絡んでみようという目論みだった。
数えてみれば昨年までに 21回 も共演してきているのだ。
これほどまでにステージを共にしている音楽仲間はそうそういない。

ちなみに、丸山研二郎とは32回だった。
昨年のおとぎ話シリーズが効いてるな(笑)。

 

昨年の年始と年末に東京で共演した際にお互いの曲でコラボレイトをやってみたのだが、これが他のセッションとはまた異なる魅力に満ちていた。

 

小林未郁 というシンガーの類い稀なる歌の力。

 

もちろんこれまでも様々な方々と歌い奏でてきたわけだが、「歌」 というものをもっとクローズアップすることで、意外にもこれまでとまた違う興奮があったのだ。
小林未郁×NolenNiu-de-Ossi ならではのものは、これだな… と。
そして、それぞれの曲や言葉が作り上げる世界、景色。
もっといろいろと絡んでみよう、というのが今ツアーのきっかけとなった。

 

果たして、それは自分たちにとっても魅力的で、音楽的にも意義深いものとなった。
しかも、先述の通り、日増しにその融合が加速していくような。

 
 

そんな三日間を写真メインでお送りして参ります。

 
 

初日はおなじみ高松RUFFHOUSE

未郁サマとは幌馬車ツアー以来。
思えば、初日に高松というのは初めての試みだな。
(だいたい千秋楽が高松ということが多い。)

 

高松に集合して、それぞれで仕込んできた8曲を初合わせ。
いつもより多めにとってもらったはずのリハーサル時間もあっという間に過ぎ去った。
あとは本番で心をひとつにするのみ、という緊張感に満ちたスタートとなった。

 

まずは小林未郁のステージから。

 

Ruff1

 

Ruff2

ラフは二ヶ月ぶりだけど知らぬ間に極楽浄土感、満載になっている(笑)。

 
 

そして、NolenNiu-de-Ossi。

 

Ruff3

 

Ruff5

 

最後に三人で計7曲のステージ+アンコール。

 

Ruff7

 

Ruff8

 

Ruff9

 

もちろん完成度は後々の方が高くなるのは当然なのだが、初日ならではのライブ感はこの日のみのもの。

 

Ruff10

 

初日をここRUFFHOUSEで迎えさせてもらえたことは本当にありがたかった。

RUFFHOUSEオーナー今城さん、馬場ちゃん、ありがとうございました。

 

そして、やはり高松の夜は深かった。

深すぎてあまり寝た記憶がない。

 
とはいえ、翌朝は爽やかな笑顔で全員集合して、すぐにコンビニでソル○ック的なものを服用して、広島までの道中も穏やかに静かに… って、全員寝とるがなっ!!
 

運転してる俺以外!

 

そんなわけで無事に辿り着いたのは三年ぶりのヲルガン座

 

0_2

 

こちらは我々が三年前の幌馬車ツアー以来。

変わらず素敵な無二の空間。

 

二日目はNolenNiu-de-Ossiから。

 

1

 

2

 

3

 

4

 
5
 
 

そして、小林未郁。

 

6

 

この完璧なフィット感よ。

 

7

 

8

 

そして、コラボタイムへ。

 

9

 

10

 

音楽的なフィット感も増してくる。

 

11

 

12

 

13

 

ちょっと不思議な雰囲気で、最高に幸せな夜となりました。

 

14

 

店主ゴトウイズミさんとも三年ぶりに会えて嬉しかった。
また早く帰ってきたい。

 

15

 

そしてこちらがこのイベントのために特別に考案していただいたメニュー。
「日常の中の非日常なワンプレートごはん・迷宮入りスープ付」
今ツアーの二組のイメージで、ちょっぴり毒々しい色合いをお願いしたのですが、これがまた本当に美味しかった!
さすが、ヲルガン座。

 

そして、幸せな広島での夜を堪能させてもらいつつも、さすがに早めに電源オフ。

 

翌日は昨日の10倍くらいの爽やかな笑顔で集合。

颯爽と車に乗り込み、大阪までの長い道中を和気あいあいと会話もはずん… って、全員寝とるがなっ!!
俺以外!!

 

とはいえ、ワクワク度は加速の一途を辿っていた。

 

そして無事に雲州堂に到着。

 

36223202_1888691984556586_604812371

そろばん会社だった雲州堂は創業明治30年。

最近は明治創業の蔵でのライブがどんどん増えてるな(笑)

 

我がホームと言える、この空間。
今年も2月以外は毎月このステージに立っている。

 

三日目は小林未郁から。

 

1_2

 

未郁サマも雲州堂は三回目。
ここならではの独特のハマリ具合でとても絵になっている。

 

そして、NolenNiu-de-Ossi。

 

2_2

 

3_2

 
5_2
 
 

コラボタイムは三日目にして、呼吸と気持ちの合い方が絶妙になってきた。

 

6_2

 

7_2

 

8_2

 
9_3
 
 

ご来場いただいた皆さんとの一体感もあり、おかげさまで盛況な夜となりました。

 

10_2

 

高松 RUFFHOUSE,広島 ヲルガン座,大阪 雲州堂 での三日間。
ご来場いただいた皆さん、関係者の皆さん
本当にありがとうございました。
幸せな時間をありがとうございました。
 
 

ライブ写真: Murasakiさん Thank you so much!

 

さて、『どこかの世界で待ち合わせ』残り二日

7/27(金) 名古屋, 7/29(日) 東京・ツアーファイナル でお待ちしております。

どうぞ是非、その耳で、目で、体感しに来て下さいね。
名古屋と東京で待ち合わせしませう。

 
 

ところで話は540度くらいは変わるが…

 

自分は高校生あたりからは、アニメや漫画というものをあまり観なくなった。
もちろん、おもしろそうなものは機会があれば観るが、継続して見続けるほどハマったアニメや漫画というものは特にない。

ただ、初代ガンダムの系譜に連なる作品だけはどうしても観てしまう。

つまり、アムロやシャア、あるいはブライトさんが出てきたり、ザビ家に関わってきたりするアレだ。
我が少年時代はドンピシャだったからね。
 

近年で言えば、『ガンダムUC』『ガンダム THE ORIGIN』 などだ。

 

それともうひとつ。

 

たまたま、前回のNYツアーの帰りの飛行機で、映画も見飽きたしなぁ… ときまぐれに読み始めた電子書籍の漫画があったのだが…
これが、読みだすと惹き込まれていってしまうのよね、やっぱり。

 

それは 『進撃の巨人』

 

漫画を買うには至らなかったのだが、機会あってアニメはついつい夜を徹して観れるだけ観てしまった。

 

で、だ。

 

たまたまそのあたりのアニメの共通項に、小林未郁の歌というものがあるのだ。
シンガソングライターの顔とはまた別の姿として。

 

ガンダムUCで流れる小林未郁の歌声は確認していたのだ。

しかし、「そういや、たしか未郁ちゃん、進撃の巨人でも歌ってなかったっけ?」 とか話をしてたんだけど…

 

えっ! めっちゃ見てた、そのシーンとか!

おおお、さすがにそこは物語に夢中になってたわ、年甲斐もなく(笑)。

 
 

というわけでツアー後に確認しました。

 

Img_8062_2

  
めっちゃ、未郁サマの歌声、流れてるやん…
女型の巨人の疾走シーンで!
 
 
 

というわけで、小林未郁×NolenNiu-de-Ossi も疾走して参ります。

 
----------------------------------------

小林未郁×NolenNiu-de-Ossi

 『どこかの世界で待ち合わせ』

    ---- EAST ----
 
■7月27日(金) 名古屋 BLUEFROG

 ≫ ご予約・詳細
■7月29日(日) 東京高田馬場 天窓.comfort

 ≫ ご予約・詳細
 
【特設サイト】

PC
スマホ
 

----------------------------------------

その前に…
次のライブは奈良でのスペシャルな2days。
 
盟友・阿部一成
との特別編成です。
 
Photo

■7月20日(金) ぷろぼの食堂 Fellow Ship店
かずなり☆デ・オッシの『奈良でもあんギャ!』 

 開演19:30
 (お店は17:00より夜の部通常営業)
 終演21:30予定
 ライブチャージ 2000円 (飲食代別途)
  ※ ご注文をお願いします
 出演:NolenNiu-de-Ossi,阿部一成

ご予約は ≫コチラ≪ にて
 
 

前日7.19(木)の夜は奈良県吉野郡の『天河大辨財天社』御遷宮三十周年記念大祭にて奉納演奏があります。
(その時間帯の天川村への公共交通機関の運行はありませんのでご注意ください。)

  

----------------------------------------
 
D201
 
■7月28日(土) 浜松 Shot Bar 201
  『Dな201』
 開場19:30 開演20:00
 2000円 (1Drink別)
 出演:NolenNiu-de-Ossi/
    ノーザンスター/玲
 DJ&音響: HimitsuSyounenn

 
ご予約は ≫コチラ≪ にて
 
----------------------------------------

Newadventure

和楽器とパーカッションに弓や水道管まで!
他にはない楽しい組み合わせでおなじみの「りょうとつばさの不思議な冒険」に
三味線やアコーディオンも飛び出す「変幻自在のからくり音楽」のノレンニゥー・デ・オッシも加わって

もっと不思議な大冒険のはじまりはじまり!

■8月11日(土) 奈良 にこちゃん堂
『りょうとつばさとデ・オッシの不思議な冒険』

 開場16:00 開演16:30
 終演19:30予定
 前売3000円(1Drink付き)
 出演:渡辺亮,堀つばさ
    NolenNiu-de-Ossi

ご予約は ≫コチラ≪ にて

----------------------------------------

◆ NolenNiu-de-Ossi スケジュール ◆
 
7月19日(木) 奈良 天河大辨財天社(天河神社)
7月20日(金) 奈良 ぷろぼの食堂
7月27日(金) 名古屋 BLUEFROG
7月28日(土) 浜松 Shot Bar 201
7月29日(日) 東京高田馬場 天窓.comfort
 
8月11日(土祝) 奈良 にこちゃん堂
8月18日(土) 京都 RAG
8月23日(木) 大阪 雲州堂
 
詳しくは Website にて

 

« 夢の中で何度も訪れた場所 | トップページ | 愛おしい日々よ、さようなら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583070/66879794

この記事へのトラックバック一覧です: 小林未郁と待ち合わせた世界:

« 夢の中で何度も訪れた場所 | トップページ | 愛おしい日々よ、さようなら »

フォト
無料ブログはココログ