« 残されるもの、失われゆくもの | トップページ | いわきでの夢のような酒宴の三日間 »

2018年9月27日 (木)

最近の悩み、という定期便

最近また悩んでいる。

どうにもこうにも悩ましいのだ。

 

俺は覚悟を決めて、過保護にしていた1927年ドミンゴ・エステソを実戦配備すべく、愛知は春日井市の小川楽器さんへメンテナンスに出したのだ。

経緯は以前も書いたので手短にしておくが…
今年春にライブ用にと入手した50'sコンデ・エルマノスはとても良いのだが木ペグでチューニングに苦労するから、もうドミンゴ・エステソをどんどんライブで使っていこうか、と。
しかし、コンデの方が小川さんにメンテしてもらってからどんどん鳴ってきて、最高だと思っていたドミンゴ・エステソがどうにも物足りなくなってきた。
なので、ライブでフル活用する前にこちらもメンテナンスをしてもらった、とこういうわけだ。

 

かくして、ドミンゴ・エステソの音も明瞭さを取り戻し、より良い音になって帰ってきた。

  

Img_9120

 

だから、また外に出すのがもったいなくて過保護になっている… というわけではない。

 
 

どうにも、50'sコンデ・エルマノスの音が好きなのだ。

 

音だけではなく、あの無骨な肌触りも、抱き心地も…
また、ネックの握りもコンデの方が厚く、ドミンゴ・エステソの方が楽なはずなのだが、どうにもコンデの方が弾き心地が良い。

 

実際に弾き比べてみると、音の明瞭さや美しさは幾らかドミンゴ・エステソの方が勝る。
低音の太さはコンデに比べると少し劣るような気もするが、実際に弾いて比較すると決して悪くはない。
バランスは明らかにドミンゴ・エステソの方が良いだろう。
そもそも当時のランクでいっても、そちらの方が素性も良い。

 

しかし、コンデの音が、弾き心地が、なんだか好きなんだよなぁ。
小川さんも言っていたが、その魅力のひとつがどうやらこの木ペグならではの音のようだ。
 
 
 
くぅ~~ 苦労ばっかりかけやがるのに… 
惚れた男の弱さが身に沁みるぜ…
 
的な。

 

Img_7162

 

時代もブランド名も違うが、どちらも昔々にマドリッドのグラヴィーナ7にある同じ工房で作られた二本。
同じ一族による工房として伝統を受け継いではいるが、職人による手工ギターゆえに、一本一本の音の違い、魅力の違いが顕著に出る。
弾けば弾くほどに、愛すれば愛するほどにそれが明らかになっていく。

Img_2222

 

いや、たしかにあの子の方が容姿も端麗で声も良く、素性も経歴も素晴らしいんだ。
だけど… どうしてもあちらの子の方が魅力を感じてしまうんだよなぁ…

なんていう、新人発掘におけるプロデューサーの気分である。

 

ま、新人じゃなく、相手は90歳とか70歳とかの大先輩なんだけど。

 
 

どうにも悩ましいのでしばらくは両方を使い分けて試していくしかないな、と思っている。
木ペグが大変なので、という理由からだったが、それでもコンデが好き! となったならその大変さも再度覚悟の上ででお付き合いしていこうと思っている。

 
 

ちなみにここ最近のライブでは

 

6月9日(土) 奈良 にこちゃん堂
 ⇒ 両方使用

『どこかの世界で待ち合わせ』 WEST
6月22日(金) 高松 RUFFHOUSE
6月23日(土) 広島 ヲルガン座
6月24日(日) 大阪 雲州堂

 ⇒ コンデ・エルマノス

7月19日(木) 奈良 天河大辨財天社
 ⇒ ドミンゴ・エステソ(メンテ前)

7月20日(金) 奈良 ぷろぼの食堂 Fellow Ship店
 ⇒ ドミンゴ・エステソ(メンテ前)

7月27日(金) 名古屋 BLUEFROG
7月28日(土) 浜松 Shot Bar 201
7月29日(日) 東京高田馬場 天窓.comfort

 ⇒ コンデ・エルマノス

8月11日(土祝) 奈良 にこちゃん堂
 ⇒ アリア

8月18日(土) 京都 RAG
 ⇒ ドミンゴ・エステソ(メンテ後)

『アツオスカ・イヤコラ=スズシオス』
9月14日(金) 高松 RUFFHOUSE
9月15日(土) 岡山 MO:GLA
9月16日(日) 大阪大正 サレガマ

 ⇒ コンデ・エルマノス

9月23日(日) 大阪 雲州堂
 ⇒ コンデ・エルマノス

 

そして、明日からの 『エデンのもうちょい東』 ツアー では
1927年ドミンゴ・エステソで参りたいと思っております。

 

東京・いわき でお待ちしております。
 
 
Dobcvhuuayzpzk
 
先日の『エデンのもうちょい東』@大阪 雲州堂の模様。
 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・

Eden3

柴草玲×ミーワムーラ×NolenNiu-de-Ossi
『エデンのもうちょい東』 Season3

 
■9月23日(日) 大阪 雲州堂
~終了~
■9月28日(金) 東京 HEAVEN青山
■9月29日(土) 福島県いわき バロウズ

詳細・前売予約

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・
 
 
■10月13日(土) 名古屋 Bar Strega
 ストレガ14周年記念スペシャルライブ!
 NolenNiu-de-Ossi×よしこストンペア
■10月27日(土) 山梨 Studio天空馬
 With/ Komes,ピヨピヨクラブ
■10月28日(日) 東京 中目黒 FJ's
 ノレンニゥー・デ・オッシ×ミチルンサトコ

 
 
Mahosp2018

■11月4日(日) 大阪 雲州堂
 NolenNiu-de-Ossiワンマン
 ~まほろば楽座Special~

 開場18:00 開演19:00
 終演21:30予定
 前売2500円 当日3000円(Drink等別途)

● まほろば楽座セルフカバーアルバム 限定枚数 販売予定!
● まほろば楽座時代の写真展示予定!

≫≫≫ 前売予約はコチラにて ≪≪≪

※手違いを防ぐためにコチラのフォームでのご予約をお願いします。

  残席少なくなって参りました。
満席になり次第、予約受付を終了します。
     どうぞお早めに!

 
Mayakashi1
 
『オカシナまやかしノ夜』
■11月10日(土) 岡山 MO:GLA
■11月11日(日) 広島 音cafe Luck


Hanahaku2018
 

■11月22日(木) 京都 Live Spot RAG
 花田えみ音楽博覧会2018
 ~Happy 12days live in RAG~

 

Bluenote201811

■11月23日(金祝) 奈良 ブルーノートならまち

 NolenNiu-de-Ossiワンマン
 開場15:00 開演16:00
 予約2000円(Drink等別)

 ご予約

 
Otogi_03
 
■12月8日(土) 静岡 UHU
丸山研二郎&原口朋丈・NolenNiu-de-Ossi
 『おとぎ話の夜』

 
 
Dingdong2018

昨年も大好評だったクリスマスムードあふれまくる、幸福な夜のワンマン。

■12月22日(土) 大阪 雲州堂
 NolenNiu-de-Ossiワンマン
 クリスマス・スペシャル
 『ディンドン・デ・オッシ』

 開場18:00 開演19:00
 終演21:30予定
 前売2500円 当日3000円(Drink等別)

 ご予約

 

その他、詳しくは Website にて

   

« 残されるもの、失われゆくもの | トップページ | いわきでの夢のような酒宴の三日間 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583070/67213102

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の悩み、という定期便:

« 残されるもの、失われゆくもの | トップページ | いわきでの夢のような酒宴の三日間 »

フォト
無料ブログはココログ