« 大和郡山探訪~城下町と遊郭に興奮する町歩き 【後編】 | トップページ | 実にアツオシタ… »

2018年9月14日 (金)

北欧美人としばしの奈良散策

東大寺、二月堂、手向山八幡宮から若草山を経て、春日大社、そして奈良町へ。

 
 
Img_8985
 
 
Img_8986
 
 

本当はそれにプラス、他のディープなところへも案内したかったし、本人も飛鳥に興味津々だったんだけど…
夜は他の予定があったし明日からツアーなので、ひとまず定番コースを味わってもらおう、と。

 

スウェーデンで有名なオペラハウスの舞台芸術などに携わっているカトリン。
建築様式などに造詣が深く、かなりの建築フェチ。
奈良の歴史的建造物を見て、そんなフェチズムを抑えきれない様子はもうそれはそれはキュートだし、何だかとても嬉しかった。
そして、様々な同じフェチズムを共有できていることも発覚。
短い時間だったけど、いろいろと興味深い話をできて嬉しかった。

 
Img_8978
 
 
Img_8999
 
 

ひとつ、残念だったのは…

以前から手向山八幡宮の方もおっしゃっていたと思うけれど
遠足か修学旅行で来ている日本の小学生が海外からの旅行者を見つけると何人かのグループで走ってきて呼びとめにくるのだ。
そして英語で  「インタビューしていいですか?」  と。

それが、仮に本人たちの意志で  「海外から来た方と触れあいたい」  と思ってのことならまだ良いとは思う。

そうではなく、校外学習の一環で学校の指導の下、やっているのだ。
やらされている、と言って問題はないだろう。
聞くことは、おそらく本人たちが別に知りたいことでもないと思う。
日本の英語学習の例文によくある典型的な質問だ。

子供たちに罪はないし、カトリンも嫌な顔ひとつせずに笑顔で答えてあげていたけれど
これは本当に失礼だし、日本人として恥ずかしいことなので、こんな指導は本当にやめてほしい。

“英語を使いそうな海外の人” を選んで声をかけ、生の英会話を体験しよう、みたいなものだろう。
おそらく欧米人、つまりいわゆる “白人” と言われる方々に声をかけるということになるだろう。
その時点で、その指導は低俗で大きな過ちを孕んでいる。
そして、そんなものは英語教育にプラスになるとは到底思えないし、教育においては怠慢でしかない。
むしろ、そういうことをするのは何故良くないか、ということを教える方がよっぽど重要だ。

校区内のお店などに質問に行くのとはわけ違うのだ。
世界には様々な文化や思想がある。
マナーも考え方も価値観も違う。
日本に、奈良の神社仏閣に何か特別なものを求めて来ている方もいるかもしれない。

 

そして最後にはサインをして下さい、と旅のしおりのようなものに書かせるのだ。
日本人にとってサインは大した意味を持たないかもしれない。
しかし、多くの海外の人にとってはサインは自分自身の証明である。
(相手が著名人ならもちろん話は少し変わってくるが…)
日本人が、ここに印鑑をついて下さい、と言われたらどんな気分だろうか。

 

子供たちを責める理由はまったくないので、カトリンの様子を見ながら何とか黙って見守ったが…

本当に何とかならないのだろうか。
どこに言えばいいのだろう。
どうか、とても失礼で恥ずかしい行為だとわかってほしい。

 

…などということだけが残念で、彼女にも申し訳なかった。

それ以外は奈良のことやスウェーデンの話に花を咲かせながらの散策で本当に良い時間だった。

 

Img_8983

若草山の麓で今にも眠りそうに、コクリコクリ… と首を揺らしている小鹿。
キュートの極み。

 
 
Img_8993
 
 

最後は奈良町の 「はり新」 さんで庭園を眺めながら 「かみつみち弁当」
飛鳥時代に存在したという古代チーズ “蘇” や、吉野葛、大和野菜などを使った松花堂弁当。

 
 
Img_8995
 
 

自分はビール。カトリンは日本酒。

 
Img_8998
 
 

Thank you for the fantastic time, Katrin!
Come to Nara again soon!

 
 

さぁ、明日からはエミテムとのツアー 『アツオスカ・イヤコラ=スズシオス』 です!
最高に楽しい夜を繰り広げますよ。
どうぞお楽しみに!
 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・
 

Atsuosuka

エミテム&デ・オッシの!
『アツオスカ・イヤコラ=スズシオス』
 

■9月14日(金) 高松 RUFFHOUSE
■9月15日(土) 岡山 MO:GLA
■9月16日(日) 大阪大正 サレガマ ~満席となりました~

詳細・前売予約

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・

Eden3

柴草玲×ミーワムーラ×NolenNiu-de-Ossi
『エデンのもうちょい東』 Season3

 
■9月23日(日) 大阪 雲州堂
■9月28日(金) 東京 HEAVEN青山
■9月29日(土) 福島県いわき バロウズ

詳細・前売予約

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・
 
 
■10月13日(土) 名古屋 Bar Strega
 ストレガ14周年記念スペシャルライブ!
 NolenNiu-de-Ossi×よしこストンペア
■10月27日(土) 山梨 Studio天空馬
 With/ Komes,ピヨピヨクラブ
■10月28日(日) 東京 中目黒 FJ's
 ノレンニゥー・デ・オッシ×ミチルンサトコ

 
 
Mahosp2018

■11月4日(日) 大阪 雲州堂
 NolenNiu-de-Ossiワンマン
 ~まほろば楽座Special~

 開場18:00 開演19:00
 終演21:30予定
 前売2500円 当日3000円(Drink等別途)

● まほろば楽座セルフカバーアルバム 限定枚数 販売予定!
● まほろば楽座時代の写真展示予定!

≫≫≫ 前売予約はコチラにて ≪≪≪

※手違いを防ぐためにコチラのフォームでのご予約をお願いします。

  残席少なくなって参りました。
満席になり次第、予約受付を終了します。
     どうぞお早めに!

 
Hanahaku2018
 

■11月22日(木) 京都 Live Spot RAG
 花田えみ音楽博覧会2018
 ~Happy 12days live in RAG~

 

Bluenote201811

■11月23日(金祝) 奈良 ブルーノートならまち

 NolenNiu-de-Ossiワンマン
 開場15:00 開演16:00
 予約2000円(Drink等別)

 ご予約

 
Dingdong2018

昨年も大好評だったクリスマスムードあふれまくる、幸福な夜のワンマン。

■12月22日(土) 大阪 雲州堂
 NolenNiu-de-Ossiワンマン
 クリスマス・スペシャル
 『ディンドン・デ・オッシ』

 開場18:00 開演19:00
 終演21:30予定
 前売2500円 当日3000円(Drink等別)

 ご予約

 

その他、詳しくは Website にて

   

« 大和郡山探訪~城下町と遊郭に興奮する町歩き 【後編】 | トップページ | 実にアツオシタ… »

コメント

はじめまして。
あのインタビュー、まだあったのですねcoldsweats02。私も県出身で数十年前に京都への遠足の際に同様のインタビューをさせられたクチで、大人になり、よくあんな絶妙に歪んだ教育があったものだ〜と思い返すことがあったこともありして、すみません、通りすがりなのに書いてしまいました。

喜多さんのこの記事で課題をバランスよく整理くださっており、付け加えることもありませんが、この感覚って、(単純化した言い方ですが)英語を話せることの何十倍も大事なんだよーと声を大に言いたい…(笑)。教育現場も変わって行くと良いですね。意味のある英語の実践教育、まずはご近所さんと継続的に、なんていうのが素敵なんじゃないかな〜、と一人のおばさんとして思います。

PS 突然失礼しました。良い感じの音楽にも惹かれ、こちらまた拝見したいと思いますchick

chihiroさん
日本での英語教育はどうにも良い方向にいかないままのような気がしますね。
もちろん少なからず変わっていっていると思いますが。
本当に違う文化を学ぶなら、それに対する無理解により過ちを犯しやすいことを先に教えられること、学べることが大事だと思います。
特に今の、これからの時代は。
英語自体は使う必要が本当にあるならば学校じゃなくても自主的に学べるのですから。
 
また是非音楽も聴きにきてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583070/67165832

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧美人としばしの奈良散策:

« 大和郡山探訪~城下町と遊郭に興奮する町歩き 【後編】 | トップページ | 実にアツオシタ… »

フォト
無料ブログはココログ