« 新たなアルバム制作 | トップページ | 柿食へば鐘がなるなり法隆寺 »

2018年10月14日 (日)

温泉が生み出す世界、そして我々のささやかな歴史

昨日の 名古屋 Bar Strega 14周年記念スペシャルライブ
ご来場いただいた皆さん、あの時間を共有してくれた皆さん、そしてストレガ乾さん、奈々さん、ありがとうございました!

そちらを振り返るのは後半にさせてもらおう… ということで。
まず先に、次回のライブにまつわる温泉の話を。

 
 

最近ちょうど、温泉が湧き出たことにより町が形成され栄えていく歴史に興味を持っていたところだったのだ。

関西圏で言えば有馬温泉が有名だが、これはまた奈良時代からの歴史がある日本三古湯のひとつでちょっと話が壮大すぎる。
飛鳥時代に舒明天皇が湯治で長期滞在したことが日本書紀に記述されているし、奈良で愛されている高名な行基さんが温泉寺を建てているし、平安時代には清少納言が枕草子で言及し三名泉に数えている。
そして最も有名にしたのはやはり豊臣秀吉だろうか。

 

もちろん、他にも有名な温泉街は多数あるが、特に温泉地として有名でなくともそれがきっかけで発展していった町は数知れず存在する。

 

例えば、宝塚なども歌劇団が生まれるそもそものきっかけとして、温泉が噴出したことがあるようだ。
何もなかったところに温泉が出たことで温泉街ができる、様々な施設が並び歓楽街ができる、そして町は発展していく。
世界夕数の火山国であるが故に温泉大国でもある日本ならではの都市形成のおもしろさではないかと思う。

 

そんな温泉街でのライブは二週間後だ。

 

温泉街での演奏は実に久しぶりである。
あれは、ちょうど “まほろば楽座” から “マホロバガクザ” に名称を変える過渡期の頃だった。
有馬温泉で一泊二日、食事つき、一日3ステージの他は朝から晩まで合間には温泉入り放題、という贅沢な演奏業。

そうだ、あの機会をもらったことで、後に 『西を目指して』 という曲が生まれることにも繋がるんだった。

 

バンドは実に辛い時期ではあったし、自分自身メンタルをやられて体に支障がでまくっていた時代だったけれど(笑)
今となってはそれも良い思い出だし、そのときの遺産はこうして今も大切にしている。

 
 

さて、そんな二週間後に訪れる温泉街は、山梨県は笛吹市にある有名な石和・春日居温泉郷

 

そこで最初に開湯したのは日の出温泉で、1909年(明治42年)まで遡るとのこと。
そして、高度成長時代の1961年(昭和36年)に石和のぶどう園から大量の温泉が噴出し、付近の川に流れ出して誕生した『青空温泉』がマスメディアに紹介されたことで一気に知名度が向上。

 

う~~ん、ぶどう園から温泉が出るってところが、さすが甲府ワインで有名な山梨(笑)。
ちなみに石和温泉があるのは甲府市のお隣の笛吹市。
桃とぶどうの収穫量は日本でも一位、二位を誇る自治体で、「桃・ぶどう日本一の郷」 を宣言している。

石和温泉駅の駅舎内にはなんとワインサーバーがあるらしい。
カウンターでグラスを受け取り、銘柄や量を決めてから自分でタッチパネルを操作。
市内のワイナリー10社がつくる計16種類のワイン (赤、白、ロゼ) を好みの量で吞める。
しかも、一杯200~400円と実にリーズナブル。
9:00~17:00(土日祝)

 
Dsc_9391640x428

 
石和温泉観光協会 Website より拝借

 

いいなぁ…

 

最近は赤ワインをこよなく愛す俺にはもうたまらないサービスだ。
地元のワイナリーのものを現地で味わうなんてこれまたオツではないか。

 

おっと… 温泉の話をしようと思っていたのに、ワインの話に移行していっている。
戻そう。

 
  

その後、隣接する春日居地区でも掘削が始まり、1964年(昭和39年)には大量の温泉が湧き出るようになる。
これを機に両地区に温泉街が作られ、石和・春日居温泉郷を形成。
それまで信玄の隠し湯として知られていた甲府市の湯村温泉を凌ぐ山梨県最大規模の温泉郷となり、現在に至るようだ。

 
 

イベントにお誘いいただいたピヨピヨクラブのあきとさんに写真をいただいたので紹介しておこう。

 

43951727_1083791648454965_277687897

 

43952573_286870435262238_8146337381

 

旅館やホテルは百軒余りを数え、庶民的な宿から、温泉プールなどを備えた大型ホテルまでそれぞれ、個性的な風呂を備えている、とのこと。

“木の香りが漂う和風の浴場、大きな岩を配置した露天風呂…”

 

いいなぁ…

 

“泉質はアルカリ性単純泉で、神経痛や打ち身、慢性消化器病、冷え性などに効能があります。
湯につかると、肌がすべすべになり、疲れもとれ、フレッシュな気分になります。”

 
 

これはもう浸からざるを得ないな。

実は結構な温泉好きなのだ。
なかなか有名な温泉郷などには行けないが、噴出した天然温泉を売りにした各地のスーパー銭湯などはそこそこの頻度で訪れている。

 
 

おもしろいのが、ライブ会場である Studio天空馬 のすぐ近くに源泉の足湯広場なる施設もあること。
ライブ前にちょっと移動の疲れを癒すにもってこいではないか。

 

44034948_326899474525268_4933999897

 

44131540_495052700996254_5140006719

 

石和源泉足湯ひろば
午前10時~午後5時
200円(タオル付)
ただし、石和温泉旅館協同組合加盟施設への宿泊者は無料

石和温泉 旅館協同組合 Website

 

決して近いわけではないけれど、東京や静岡からなら1時間半~2時間くらいで来れる町のようなので…
日頃の体と心の疲れを癒しにちょっとした遠出気分で温泉&音楽を味わいに行ってみるってのはいかがでしょうか。

 

東京からは
新宿駅=JR中央線特急 甲府行 (約1時間30分) ⇒ 石和温泉駅

静岡から
富士駅=JR身延線特急 (約1時間45分) ⇒ 甲府駅=JR中央線 (約8分) ⇒ 石和温泉駅
車なら2時間前後。

 

もちろん、いっそのこと温泉街で宿泊してゆっくり湯に浸かりワインを飲んで… 時間を気にせずライブも楽しんでもらうってのも
そんな機会はなかなかないと思うので、よし! と思い立ったら是非。

 

1

■10月27日(土) 山梨 Studio天空馬
 開場18:20 開演18:45
 予約2000円 当日2500円(Drink別)
 【出演】
 NolenNiu-de-Ossi
 Komes
 ピヨピヨクラブ

 ≫ ご予約はコチラにて

 
 

そして、翌日は東京。
とても楽しみにしているツーマンです。

 

Img_7426

素敵な町、中目黒にある
アーティスティックでありながら居心地のよい、これまた素敵なお店 FJ's にて
ミチルンサトコさん (笹野みちる+有田さとこ) とのツーマンでたっぷりと。

 

Img_8382

 

日曜日、少し早目の時間のライブなので是非とも。

 

■10月28日(日) 東京 中目黒 FJ's
 ノレンニゥー・デ・オッシ × ミチルンサトコ

 開場17:30 開演18:00
 予約3000円 当日3500円(Drink別)
 【出演】
 NolenNiu-de-Ossi
 ミチルンサトコ(笹野みちる+有田さとこ)

 ≫ ご予約はコチラにて

 

【ミチルンサトコ】

●笹野みちる●
1988年に「東京少年」ボーカルとして、ビクターよりメジャーデビュー。
'91年にバンド解散、'93年ビクターSPEEDSTARよりソロデビューの後、'95年幻冬舎より『Coming OUT!』を出版、ベストセラーに。
他著書に『泥沼ウォーカー』('98年/PARCO出版)。

●有田さとこ●
ロボピッチャー、京都町内会バンド、ANT★LIONなどのベーシスト。
その他、TAKUYAのサポートベーシストも行なうなど、多方面で活躍中。

 
 

さて

 

というわけで、昨夜は 名古屋 Bar Strega 14周年記念スペシャルライブ! でした。

 

43788071_10155591974770894_57215135

 

素晴らしい夜だった…
愛するストレガの14周年をみんなで祝えたことはもちろん、ここにきてまた新たに素敵な出会いをさせてもらえた。

よしこストンペア、とても素晴らしかった。
あらゆるところでツボを突いてくる、その音楽的な魅力と、どうやら天性のものらしいユニークな空気感。

ウッドストックの森の中のビッグピンクが浮かんだと思ったら、英国のピアノマンを彷彿とさせたり。
ジョン・サイモンやジェフ&マリア・マリダー、あるいはポール・ウィリアムス、ときにXTCなども勝手に頭をよぎっていくが、どうも自然発生的に天賦の才で生んでいるような気配もあり嫌味がない。
ただただ楽しく心地がいい。お二人とも声がまたいい。
それでいてフレーズや言葉がいちいち引っかかってくる。
また末永くご一緒させてもらいたい人たちが増えた。

さすが、マスター乾さんのお墨付き。
そして、様々な人がオススメしてくれていたのも納得。
それがこのストレガ14周年で出会えたっいうのがまた素敵。

で、実はその14年前にイシダストン氏と我々 (当時は “まほろば楽座”) はファンダンゴで対バンしていたことも判明。

長いことやってると廻りまわって、お互い良い変化・進化を経て再会できる、これがまた嬉しいんだよな。

 

そんな機会を作ってくれた、Bar Strega 乾さん、奈々さん
ありがとうございました。
14周年おめでとうございます。

そして、こんな夜に駆けつけてくれた皆さん、本当にありがとうございました。
満員御礼。
感謝。

 
 

そんな、まほろば楽座時代の曲を多数復活させるご供養イベントも近付いております。

台風で延期になったことで、作ろう! と思い立ったセルフ・トリビュート・アルバムも完成。
あとは納期に間に合ってくれ! とハラハラしながら天に祈りを捧げているところです。

 

アルバム・ジャケットもタイトルもモチーフは まほろば楽座時代のもの。

 

Favoritesongs

NolenNiu-de-Ossi 『デ・オッシの愛歌集』
~まほろば楽座 Self-Tribute Album~
全5曲 1,500円

 
 
11月4日(日) ワンマン~まほろば楽座Special~ にて発売予定!
二人の音と声のみによる、まさに今のデ・オッシならではのセルフカバーアルバム。
収録曲は当日のお楽しみ!
 
 

Jacket1st

まほろば楽座の 1st Album (2001年)

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・ 

Mahosp2018

■11月4日(日) 大阪 雲州堂
 NolenNiu-de-Ossiワンマン
 ~まほろば楽座Special~

 開場18:00 開演19:00
 終演21:30予定
 前売2500円 当日3000円(Drink等別途)

● まほろば楽座セルフカバーアルバム 限定枚数 販売予定!
● まほろば楽座時代の写真展示予定!

≫≫≫ 前売予約はコチラにて ≪≪≪

※手違いを防ぐためにコチラのフォームでのご予約をお願いします。

    残席、本当にわずか。
満席になり次第、予約受付を終了します。
     どうぞお早めに!

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・
 

Mayakashi1
 
『オカシナまやかしノ夜』
■11月10日(土) 岡山 MO:GLA
■11月11日(日) 広島 音cafe Luck


Hanahaku2018
 

■11月22日(木) 京都 Live Spot RAG
 花田えみ音楽博覧会2018
 ~Happy 12days live in RAG~

 

Bluenote201811

■11月23日(金祝) 奈良 ブルーノートならまち

 NolenNiu-de-Ossiワンマン
 開場15:00 開演16:00
 予約2000円(Drink等別)

 ご予約

 
Otogi_03
 
■12月8日(土) 静岡 UHU
丸山研二郎&原口朋丈・NolenNiu-de-Ossi
 『おとぎ話の夜』

 
 
Dingdong2018

昨年も大好評だったクリスマスムードあふれまくる、幸福な夜のワンマン。

■12月22日(土) 大阪 雲州堂
 NolenNiu-de-Ossiワンマン
 クリスマス・スペシャル
 『ディンドン・デ・オッシ』

 開場18:00 開演19:00
 終演21:30予定
 前売2500円 当日3000円(Drink等別)

 ご予約

 

その他、詳しくは Website にて

   

« 新たなアルバム制作 | トップページ | 柿食へば鐘がなるなり法隆寺 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温泉が生み出す世界、そして我々のささやかな歴史:

« 新たなアルバム制作 | トップページ | 柿食へば鐘がなるなり法隆寺 »

フォト
無料ブログはココログ