« あらためて風情あるブルーノートの中へ | トップページ | 京都RAGでの二日 »

2018年11月24日 (土)

特別な響きを味わい尽くす特別なワンマン

“やはり、ここの音は素晴らしいな…”

あらためて、それを全身全霊で感じながら、その音をしっかり味わいながら演奏と歌を楽しませてもらっていました。

 

今年二月以来、九ヶ月ぶりのブルーノートならまちでの NolenNiu-de-Ossiワンマン
ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

 

Img_9745

 

Img_9746

 
何度昇ってもいつも新鮮な気持ちでワクワクするこの階段。
地元ということもあるが、こうしてワンマンも四度目ともなると程良い緊張感と共に…
何とも言えない “帰ってきた感”、そして独特の居心地の良さを感じてしまう。
 
 

そして、楽器を鳴らした瞬間に感じる特別な響き。
それをそのまま最大限に活かしてもらえるのが、ここブルーノート。

逆に言えば、そこには無用な加工はなく、一切のギミックを許さない、ということ。
そこにある真実をすべてさらけ出してしまうということ。
これまでここで新たに学んだこと、得たことはとても大きく、今の我々の糧になっています。

 

そんな大切な場所、大好きな場所での “特別なワンマン”

気持ちがこもらないわけがない。

 

Img_9747

 

Img_9748
 
Photo by Matsu Thanks!

 

新旧の曲を織り交ぜ、2ステージ 全24曲。

本当に… あっという間の二時間半でした。

 

Img_9749

 

Img_9751_2

 

Img_9750
 
Photo by J-san Thanks!

 

次回のブルーノートでのワンマンはまだ先のことになると思いますし、全く決まっておりませんが
この空間の音は格別、そしてまさに特別なものです。

またその時がくれば…
どうぞ是非とも味わいに来て下さい。

 
 

2018.11.23 NolenNiu-de-Ossiワンマン @ブルーノートならまち

第一部

1. 眠りの町
2. 小路隠れ
3. 雨奇晴好
4. 馬酔木の花
5. たゆたう夏
6. 冬に咲く花
7. ゆきずり
8. 白い月
9. 淡い光
10. 萌ゆる青さ、心に毒を
11. 草原列車

第二部

12. Gnossienne No.1
13. いそがし
14. 浅き夢
15. 蓮華草の少女
16. 秘密
17. 茜色
18. 万華鏡
19. 狐狸の葬列
20. かたばみの実がはじける度に
21. 楽園の境界線
22. ソラの世界

encore1. 輪廻の郷

encore2. 狼変化

 
 

あらためまして
ご来場いただいた皆さん
ブルーノート、マスター&きょうこさん
ありがとうございました!

 
 

さて、今年ももう残すところ三本のみ。
しかし、濃厚でスペシャル感あふれる三本。
東京・静岡・大阪にてお待ちしております。

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・

41702502_1915712801848845_647155366
 

■12月7日(金) 東京 新高円寺 StaxFred
ふれでりっく書院×NolenNiu-de-Ossi
 『猫と狐の赤い夜会』
 詳細・予約
 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

Otogi_03

 
■12月8日(土) 静岡 UHU
丸山研二郎&原口朋丈・NolenNiu-de-Ossi
 『おとぎ話の夜』

 詳細・予約
 

 
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・ 
 
Dingdong2018

昨年も大好評だったクリスマスムードあふれまくる、幸福な夜のワンマン。

■12月22日(土) 大阪 雲州堂
 NolenNiu-de-Ossiワンマン
 クリスマス・スペシャル
 『ディンドン・デ・オッシ』

 開場18:00 開演19:00
 終演21:30予定
 前売2500円 当日3000円(Drink等別)

 ご予約

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・ 

■1月19日(土) 岡山 MO:GLA
■3月31日(日)
岡山 MO:GLA
■6月15日(土)
岡山 MO:GLA
 NolenNiu-de-Ossi・Pesmi&Picci
   ツーマンSpecial
 『オカシナまやかしノ夜』
 
すべての ご予約・詳細 はコチラにて

Okashina
 

その他、詳しくは Website にて
 

 

 

« あらためて風情あるブルーノートの中へ | トップページ | 京都RAGでの二日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特別な響きを味わい尽くす特別なワンマン:

« あらためて風情あるブルーノートの中へ | トップページ | 京都RAGでの二日 »

フォト
無料ブログはココログ