« 特別な響きを味わい尽くす特別なワンマン | トップページ | 奈良の思い出を反芻しながらのはしご酒 »

2018年11月25日 (日)

京都RAGでの二日

話は前後するが、まずは本日のことから。

一日空けて、再び京都 Live Spot RAGへ。

花田えみ音楽博覧会2018の10日目、アヤヲ 1stアルバム発売記念ライブ

 

Content

 

終始祝福ムードに包まれていた、超々々満員の京都RAG。
いやはや、愛されてるね。
そして、ここまでの道のりには様々な苦難もあったんだろうな。

アヤヲちゃんにしても、山田明義にしても今こうしてステージを共にさせてもらったり、笑いあったりしてるけど
それぞれの動向をずっと知っていたわけではない。
むしろ、10年以上前のバンド時代もお互い挨拶さえちゃんとできていたかどうかもわからない。

 

Gulliver Get、overall、そして マホロバガクザ(まほろば楽座)

 

あれから、それぞれがそれぞれに苦悩もし
時には心身を病むような想いもありながら
変化を余儀なくされ
新たな道を進み
今こうして、本当に音楽を愛し活動ができている。

そんな時があったからこそわかる喜びやありがたさがある。

 

アヤヲちゃんのステージを見ながら、いろいろな想いが蘇った。

 
力をもらえた、なんて月並みな表現かもしれないけど…
なんだか力をもらえたな。
 
 

負けてられないな、と
あらためて頑張ろう、と思った。

そこには悔しさとかはもちろん欠片もなく、ただただ祝福の気持ちしかない。

 

そして、こんな風に様々な人の縁を繋いでいく、山田明義と花田えみはすごいな。

と、今夜のRAGの景色を見て改めて思った。

 
 

RAGはいいな。
ここには本当に音楽を、ライブを愛する人たちが集っている。
音楽を、ライブを楽しもうという気持ちが充満している。

個人的にははるか昔に出演して以来、今年の四月にエミテムに招かれるまで二十年近くご無沙汰だったわけだが、こうして今年は何度も足を運ばせてもらうようになった。
適切な表現ではないかもしれないが、ここにはヨソ者もあたたかく迎え入れてくれるような空気感がある。
それは店長秋葉さんをはじめスタッフの皆さんが、そしてここを愛する方々が育んできたものなのだろう。
まだまだ新参者ではあるが、少しだけ仲間に入れてもらえたような気持ちにさせてもらえている。

 
 

そんなRAGでのデ・オッシのライブは 昨日の NolenNiu-de-Ossiワンマン@ブルーノートならまち を挟みつつ遡って一昨日のこと。

花田えみ音楽博覧会2018の8日目
Emi Tem Happy Drawbar “Happy Poppy Party” ~forte minor レコ発スペシャル~

いろいろ冠がついてるので複雑になっているが(笑)
花田えみちゃんの12日間企画の中で、花田えみと山田明義のユニット:Emi Tem Happy Drawbarが、forte minorのレコ発を主催する、という日に参加させてもらったわけだ。

 

7bkfkmvxwbcjbwvsl5xeq3f9eu20nslosda
 

以下、写真はすべて FUJIEさん
 
 
O1e4kbzjrhhvnmelvorrw1wdsmke1a5dh6m
 
 

Emi Tem Happy Drawbar,高橋てつや with 加藤ケンタ,forte minor
それぞれ本当に素晴らしいライブを繰り広げる中、NolenNiu-de-Ossiも我が道を行かせていただきました。

 

0menxlpaf0655nnr3pccigjwec5xqktx29n

 

Uwagooxkszlwfqgh8hql822cimjgpmyzzj2

 

Sae10anfjycsexlozhgpdq3big0uaoisqhw

 

今月発売の 『デ・オッシの愛歌集』 からの曲を中心に、翌日のワンマン@ブルーノートの選曲から外れたものを三曲プラス。

 

7abq0snafxpcf0e6xn6paelrmn410a66usg

 

目撃してくれた皆さん、そして翌日のワンマンと併せ連日ご来場いただいた方々、ありがとうございました。

 
 

さて、デ・オッシさんはこれからまた乗り越えていかなければならないものがあります。
決して悲観的な話ではなく、むしろ希望に満ち溢れてはいるのです。
それはもしかしたら、まだ見えてもいない壁を今探しているような感じなのかもしれません。
易しい道でも楽しいだけの道でもないかもしれないけれど、もはや突き進む意志しかないので、必ずや乗り越えて参ります。
その先にあるまばゆい世界を、そしてできることならその道中も… ご同道いただけると幸いです。

 

デ・オッシの愛歌集 ~まほろば楽座SELF-TRIBUTE ALBUM~

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・

41702502_1915712801848845_647155366
 

■12月7日(金) 東京 新高円寺 StaxFred
ふれでりっく書院×NolenNiu-de-Ossi
 『猫と狐の赤い夜会』
 詳細・予約
 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

Otogi_03

 
■12月8日(土) 静岡 UHU
丸山研二郎&原口朋丈・NolenNiu-de-Ossi
 『おとぎ話の夜』

 詳細・予約
 

 
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・ 
 
Dingdong2018

昨年も大好評だったクリスマスムードあふれまくる、幸福な夜のワンマン。

■12月22日(土) 大阪 雲州堂
 NolenNiu-de-Ossiワンマン
 クリスマス・スペシャル
 『ディンドン・デ・オッシ』

 開場18:00 開演19:00
 終演21:30予定
 前売2500円 当日3000円(Drink等別)

 ご予約

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・ 

■1月19日(土) 岡山 MO:GLA
■3月31日(日)
岡山 MO:GLA
■6月15日(土)
岡山 MO:GLA
 NolenNiu-de-Ossi・Pesmi&Picci
   ツーマンSpecial
 『オカシナまやかしノ夜』
 
すべての ご予約・詳細 はコチラにて

Okashina
 

その他、詳しくは Website にて
 

 

 

« 特別な響きを味わい尽くす特別なワンマン | トップページ | 奈良の思い出を反芻しながらのはしご酒 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583070/67415624

この記事へのトラックバック一覧です: 京都RAGでの二日:

« 特別な響きを味わい尽くす特別なワンマン | トップページ | 奈良の思い出を反芻しながらのはしご酒 »

フォト
無料ブログはココログ