« 2018年スペシャル回想録 -前編- | トップページ | 歳の暮に来年の展望を »

2018年12月28日 (金)

2018年スペシャル回想録 -後編-

さて、前回は今年の上半期をまとめてみたわけだが コチラ
その続き、下半期の7月からを振り返ってみたいと思う。

 

まずは特別感たっぷり、素晴らしい体験をさせていただいたコチラ。

 

0

■7月19日(木) 奈良 天河大辨財天社 (天河神社)
御遷宮三十周年記念大祭 (例大祭) 奉納演奏

 

2_2

盟友・阿部一成をゲストに迎え、神様に音楽を捧げるという体験。
そして、それを皆さんにも観ていただくという神聖な時間。
そこに至る経緯は今年の春頃にここで書いたので割愛するが、何か不思議な特別な想いを抱く日となった。

 

3

遠方からもたくさんお越しいただき、本当に感謝。
奉納演奏にもかかわらず、まさかのアンコールまでいただき…

 

4

厳かな雰囲気から一転、最後はナマスナマステで終わるというライブ感たっぷりの幕引きとなった。
素晴らしい機会をいただけたこと、その時間を皆さんと共有できたことに感謝。

 

せっかくなので、その日の模様をダイジェスト映像で観ていただきましょう。


2018.7.19 天河大辨財天社 奉納演奏
別ウィンドウで見る
 

 

そして、翌日は奈良市内に帰ってきて ぷろぼの食堂 での
かずなり☆デ・オッシの 『奈良でもあんギャ!』

 

5

前日とは雰囲気も大きく異なり、ご来場いただいた皆さん、ぷろぼの食堂の方々のおかげもあって実にアットホームで楽しい夜となった。

 
 

その一週間後は再び小林未郁ちゃんと再集結し、『どこかの世界で待ち合わせ』 ツアーの東編。

まずは、3年ぶりとなる名古屋BLUEFROG

 

6

少し間を空けることで、また一体感が増していることを肌身で感じられた夜だった。

 

そして、東京でのファイナルを迎える前に、お互い別イベントを挟むことに。
というわけで、我々は台風が迫る中、浜松へ。

■7月28日(土) 浜松 Shot Bar 201

昨年10月以来の201。
洒落たお店ながら、とてもアットホームで大好きなのだ。

 

9

この日は LP『おとぎばなしの夜』 にも参加しているノーザンスターこと加瀬澤彩友美ちゃんも出演ということで、丸山研二郎の曲をデ・オッシアレンジで共演。
こういったひとつのプロジェクトから生まれた結束感やチーム感ってのはとても嬉しく、そして愛おしい。

 

昼間は驚くほどの晴天で台風が来る気配など全く感じなかったのだが、ライブ前から急変。
各種交通機関も止まり、なかなか大変な中での開催となってしまったが…

 

10_2

最後はトリプルアンコールくらいまでいただいて、皆さんに半ば強引に宴モードに持っていかれたのは、“さすが浜松” といったところか。
やはり異様にアツいな… この町は。

 

台風一過の翌日は東京へ。
満員の天窓.comfortにて 『どこかの世界で待ち合わせ』 ツアーファイナル

 

62

トリオとしてのユニット感も強くなり、もはやだんご三兄弟か、あるいはもうアダムスファミリーくらいのファミリー感を得れる締めくくりだった。

 

7

とにかく歌というものがこんなに気持ちの良いものかとあらためて感じられる喜びと、ひたすらに音楽を、ステージを、トークを楽しめる場が生まれていた。

 

8

この三人の旅の再開はそう遠くない将来にあるだろうと思っている。
その後もグループメールでは不定期に不毛なノリツッコミなどが密かに繰り広げられていることは小林未郁ファンにはくれぐれも内緒にしてあげたい。

 
 

さて、時はもう夏真っ盛り。
盆も近付くそんな時期に奈良でアツい企画があった。
6月のワンマン以来の にこちゃん堂 にて

 

12

■8月11日(土祝) 奈良 にこちゃん堂
『りょうとつばさとデ・オッシの不思議な冒険』

世界で活躍する和太鼓/打楽器奏者の 堀つばさ と 渡辺亮さん。

 

11_2

暑い奈良の屋根裏部屋で、ちょっと汗ばむライブとなってしまったが、その夏合宿的な思い出は今となっては何だかとても夢心地でロマンティックだ。

 

その一週間後はお隣の都、京都へ。
4月ぶりのRAGにて再び山田明義企画に参加させてもらうことに。

 

13

エミテムの二人、山田明義・花田えみちゃんのどちらの企画もいつも満員で盛り上がるRAG。
愛に溢れていて、人の繋がりや気持ちを大切にしているんだなぁ、と毎回幸福な気持ちのさせてもらっている。

 

8月はもう一本、格別にスペシャルなワンマンを予定していたのだが、これまた台風にて延期。
今年は本当に台風に翻弄された一年でもあった。
しかし、そのすべてがプラスに変わっているのもまた一興。
馬鹿みたいにポジティブシンキングなところが功を奏したか。

 

そして、9月はその Emi Tem Happy Drawbar との今年二度目のツアー
エミテム&デ・オッシの 『アツオスカ・イヤコラ=スズシオス』

 

14

まずは我らが聖地、高松RUFFHOUSEから。

15

 

そして、この再会を生んでくれた奇跡の地、岡山MO:GLAへ。

 

18_2

サンジさん、三本ノックさん、ありがとう!

19

 

そして、出演は初となる大阪は大正のサレガマでファイナル。

 

20

楽しかったなぁ…
遠方からも様々な方々が駆けつけてくれて嬉しかった。
サレガマにもまた行きたいし、ガンボさんにも会いたい。

21

 

更にその一週間後には大阪から福島までのツアーがあった。

柴草玲×ミーワムーラ×NolenNiu-de-Ossi
『エデンのもうちょい東』 Season3

今年の一月にもあった企画の第三弾。
これまでは東京だけだったけれど、今回はそれぞれの本拠地を巡る三都市ツアーに。

 

22

まずは、9月23日(日)、我々のホームグラウンドである大阪の雲州堂にて。

 

23

そして、エデンシリーズの発端となった地、東京のHEAVEN青山

 

24

ファイナルはミーワムーラの故郷、福島はいわき市のバロウズにて。

卓越した才能と実力がある大先輩とご一緒させてもらい、得れるものは計り知れないわけだが、それ以上に音楽と穏やかに真摯に向かい合える素敵な時間だった。

 

そして…

 

25

初めて訪れた福島県、いわき市での日々がどうにも忘れられない。

これまた台風で帰ることができなくなり、結局三日間いわきでミーワムーラと過ごさせてもらうことになったのだが
いわきの海を、そして震災の傷跡、そこから復興していっている町並みなどを案内してもらい、毎夜毎夜酒を酌み交わしながら長い時間語り合った日々のことはこれからもきっと忘れることはないだろう。

 

26

いつかまた、いわきの地へ再訪できることを願って。

 

そして、10月

5月以来の名古屋ストレガへ。
ストレガ14周年記念スペシャルライブとして、お噂はかねがね耳にしながらも初めましての よしこストンペア とのツーマン。
写真とかはないんだけど、とにかく楽しかった。
そして、よしこストンペアが最高に楽しかった。
また会える日を楽しみにしている。
そして、ストレガに再訪できる日も!

 

更には初めての地、山梨へ。
もう息を飲むような信州の絶景が忘れられない。
何だか薄汚れた俺のこの心が浄化されていったような気さえするなぁ…
気のせいかもしれないけど。

 

27

当然お初となる天空馬
ピヨピヨクラブ、Komesとのスリーマンは何かまたいつもとは異なる温かさがあり、とても楽しかった。

「狐狸の葬列」 でスモーク焚かれ過ぎて誰も何も見えないくらい “ただ煙に包まれてるだけ” な状況だったあのシーンが今も忘れられない。

 

そして、山田晃士さんとのツアー以来、半年ぶりの東京は中目黒のFJ'sへ。
再訪を楽しみにしていたお店であり、町である。
楽しみすぎて、町のことを調べ過ぎて、ライブ前に寺巡りをしすぎた感もある。

 

28

この日は東京少年の笹野みちるさんとロボピッチャーの有田さとこさんのユニット、ミチルンサトコさんとのツーマン。
ワクワクするライブで終始楽しい素敵な時間だった。

FJ'sは本当に素敵なお店。
また再訪できる日を待ち望んでいる。

 

そして、11月

前述の… 8月に台風で延期となってしまったワンマンだ。

 

291

■11月4日(日) 大阪 雲州堂
 NolenNiu-de-Ossi ワンマン
 ~まほろば楽座Special2018~

超満員御礼。

ある意味、延期になってくれたおかげで更にグレードアップした感はある。
延期になってしまったのなら、いっそもっと喜んでもらえることを、と…

 

31

まほろば楽座時代の写真展示

 

32

更には、新たにセルフトリビュートアルバムを制作、発売できたことが大きかった。

 

292_2

そして、ライブはもう…
特別なものでしかなかった。
幸福の極みだった。

 

30

最後はこの日だけのスペシャルすぎるものだったが、これはもう来てくれた皆さんの記憶の中だけに留めておいていただこう。

 

そして、その一週間後は岡山・広島へ。

 

33

■11月10日(土) 岡山 MO:GLA

まずは来年、大きなプロジェクトを控えているMO:GLA。

ここで最高のライブをしたいんだ。
それを見て欲しいんだ。

そんな気持ちを改めて感じる夜だった。
音も良いし、何よりMO:GLAファミリーの愛に溢れた空気がここに充満してるんだよな。
諸々の詳しいことや想いは先日書いたばかりなのでここでは割愛するけれど、本当に来年は是非MO:GLAでのデ・オッシを味わって下さい。

 

そして翌日は広島、久々の 音cafe Luck へ。

 

34

やはりここは独特のムードがあり、音楽に没入できる空気が漂っている。
やはり大好きだなぁ、とあらためて感じられた。

 

35

故に、すぐに再訪も決定。
3/30(土)、またLuckに帰ってきます。

 

その後、奈良でちょいと普段とは違うイベントに参加。

■11月18日(日) 奈良 和み館

デ・オッシとしてのミニライブもありつつ…

 

36

 

37

おなじみ、奈良の642PIZZAのオーナー山形香苗生誕40周年パーティにて普段とは大きく異なる姿でステージに。
アツい夜だった…
妙なチーム感があって、それがまた幸福度二割増しだった。

 

そして、今年三度目のRAGへ。

 

38

 

39

■11月22日(木) 京都 LIVE SPOT RAG
花田えみ音楽博覧会2018

えみちゃんの驚異の12日間連続企画。
彼女の持つ力、そしてその縁による仲間のエネルギー、そしてこのRAGが持つホスピタリティ。
様々なものが魅力的なものを生んでるんだと思う。

 

40

その二日後のアヤヲちゃん復活祭、的なレコ発も超満員で素敵だった。
エミテムの山田明義も同じく、10年以上前に様々な葛藤や想いを抱きながらそれぞれ切磋琢磨していたバンドマンたちが、今こうして再会し、同じ時間を作り上げているというのは何とも感慨深いものがある。
そんな縁をしっかり繋ぎとめて、更に広げてくれているエミテムの二人には感謝している。

 

そんなRAGでのアツい日々の間には、デ・オッシ的にアツい大切なワンマンがあった。

 

41

■11月23日(金祝) 奈良 ブルーノートならまち

あらためて感じた、ブルーノートの音の素晴らしさ。
ギミックなど必要ないし、そんなものは通用しない、真実を伝える最高の空間。

 

43

本当にブルーノートが今、奈良にあって良かったと思う。
他にはない特別な場所。
ここへはまた必ず帰ってくる。
大切な節目ごとに、ここで是非ともデ・オッシの音楽を味わって欲しい。

 

ということで…

 

少しだけ、その日の模様を。

 


NolenNiu-de-Ossiワンマン at ブルーノートならまち 2018.11.23
別ウィンドウで見る

 

 

さて、歳も暮れてきてはいるが、まだここからも記憶に残るライブがある。

 

12月に入って、まずは東京。
ライブをするのは初めての新高円寺。

 

45

昨年の主催イベントにゲストに招いて以来のふれでりっく書院とのツーマン。

■12月7日(金) 東京 新高円寺 STAX FRED
『猫と狐の赤い夜会』

昨年の東京ワンマン以来、一年ぶりにふれでりっく書院中島聖悟君にドラムで参加してもらう。

 

46

とにかく、好きなんだよな… ふれ書。
曲も好きだし、何だか奇妙な組み合わせのバンド感も個性的で素晴らしい。

 

47

来年は関西に招きたいと目論んでいる。
滅多にない機会だと思うので、その際は西方面の皆さんには絶対に味わって欲しい。

 

そして翌日は、今年のツアーを締めるに相応しい地へ。

 

48

大好きな 静岡UHU にて 丸山研二郎&原口朋丈 との 『おとぎばなしの夜』

 

来年はこの四人での おとぎばなし を大阪で是非ともやりたいと思っている。
それはもう本当に特別な時間になると思う。
その企画が叶ったなら、もう何としてでも味わっていただきたい。
是非とも堪能していただきたい。

そう願ってやまない、心から愛する音楽を奏でる仲間なのだ。

 
 

そして、今年の最後も昨年に続きコチラの企画で終了。

 

49050861_269654780399292_6401607840

■12月22日(土) 大阪 雲州堂
  NolenNiu-de-Ossiワンマン
  クリスマス・スペシャル
 『ディンドン・デ・オッシ』

詳しいことは先日コチラに書いたので割愛させていただくが、このあたたかい時間はできる限り継続していきたいと思っている。
これは恒例企画にしても良いと思うし、もちろん毎年新しい試みや変化も見出していきたいと考えている。

 
 
というわけで、2018年のデ・オッシのライブ本数は計53本。
おそらく来年はまた更に減るだろう。

明日のこともわからないのに先々がどうなるかなんて分かるわけはないのだが。
しかし、現在の自分たちの音楽との向き合い方を考えるとそうならざるを得ないのではないかと感じている。

個人的にも、もっともっと真摯に深く音楽を捉えていきたいし、それを皆さんに味わってもらう際にはその一回一回を、その瞬間瞬間を、もっと大切にしていきたい。

それは堅苦しい、ストイックな話などではなくて…

もっと自分が楽しめるように
皆さんに理屈抜きで楽しんでもらうように
そして、音楽で自由を感じるような… 抽象的ではあるけれどそんなことを望んでいる。

 

簡単にいえば、まぁこれまで以上に頑張ります! ってことです。
地味で地道なことをひとつひとつ重ねていくしかないからね。

 
 

最後にあらためまして 
今年も本当にありがとうございました。

長らくお付き合いいただいている方
今年初めて出会ってくれた方
いつもいつも欠かさずライブに来てくれる方
いつも遠方から駆けつけてくれる方
絶え間ない愛情を注ぎ続けてくれる方
いつも見守ってくれている方

 

なかなか一人一人に面と向かってお礼の気持ちを伝えることはできないけれど
いつも感謝の気持ちでいっぱいです。

 

また来年も更に楽しく痺れる時間をご一緒できますように。

 

良い年をお迎え下さい。

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・

■1月5日(土) 大阪 雲州堂
  『新春*蔵マルシェ』
  12:00~17:00
  入場無料・投げ銭制
 
年始はおなじみの蔵にて
ライブ&マルシェ&餅つき大会&ふるまい酒
 
【LIVE】
ワダアツシとビアウマイオールスターズ
ムラクモ
NolenNiu-de-Ossi
カーテンズ
 

【SHOP】
ひつじのドリー(珈琲と軽食)
よPカレー(フォー)
ちーず屋te to te(チーズ)
焼喜菓子kokeka(焼き菓子)
アベちゃんお土産雑貨(アジアン雑貨)

 
タイムテーブルは ↓ にて
 

47688006_10155695910290894_64620328

 
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・ 

■1月19日(土) 岡山 MO:GLA
■3月31日(日)
岡山 MO:GLA
■6月15日(土)
岡山 MO:GLA
 NolenNiu-de-Ossi・Pesmi&Picci
   ツーマンSpecial
 『オカシナまやかしノ夜』
 
すべての ご予約・詳細 はコチラにて
 
特設サイト

Okashina
 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・ 

その他、詳しくは Website にて
 
 

« 2018年スペシャル回想録 -前編- | トップページ | 歳の暮に来年の展望を »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583070/67530187

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年スペシャル回想録 -後編- :

« 2018年スペシャル回想録 -前編- | トップページ | 歳の暮に来年の展望を »

フォト
無料ブログはココログ