« 奈良町ってそもそもどんな町? | トップページ | オカシナまやかしノ夜 ツーマンSpecial最終夜 »

2019年6月10日 (月)

大和郡山の源九郎はん

今日は早めに用事を済ませ、夕方に奈良市のお隣の大和郡山市へ。
ここでは何度か登場しているが、源九郎稲荷さんにお話をお伺いにいったのだ。
 
昨年くらいから源九郎稲荷神社にまつわることに関心があり、いろいろと調べたり入手したりしているのだが、どうにも資料なども少なくわからないことがある。
それならお隣の町のことだ。
実際にお伺いして少しお話をきかせていただけら… と思ったわけである。 
 
 
どうにもこうにも不思議なご縁があるのだ。
 
関心が深まっているから、いろいろ目や耳にしたり出会うご縁が多いのか。
ご縁があるから、関心が深まっているのか。
 
 
もはや、「鶏が先か、卵が先か」 といった感じではあるのだが。
 
 
いつもここでも書いているが、自分自身は特定の宗教等に属してもいないし、傾倒もしていない。
しかし、寺や神社と共に育ってきて、歳を重ねるとともに信心深さは増してきているとは思う。
あくまで民衆の日常レベルの話である。
いわゆるスピリチュアルなネタはとても苦手で、ちょっとでも胡散臭いものは御免こうむりたい。
 
 
それでも、だ。
 
 
不思議なことや、理屈では説明できないことを体験することもある。
 
とても不思議な話を心から信じられることもある。
 
 
そういうこともあるんだなぁ…
 
と、ただ自分の中で大切に守っていこうと思うだけの話である。
 
 
Img_2201
 
というわけで、ひな祭り以来の源九郎稲荷さん。
 
 
Img_2202
 
正一位源九郎稲荷神社である。
 
正一位とは、神社における神階の最高位。
源義経を助けた源九郎狐で知られる、かつては日本三大稲荷のひとつとされた由緒あるお稲荷さんである。
 
そういうところへちょいと話を聞きに… なんて我ながらなかなか恐れ多いな、とは思うのだが。
しかもアポなし直撃で。
 
しかし、そんな気位を感じさせないほどに地域に密着し愛されている神社である。
町の鎮守的な存在感をとても感じられるのだ。
だからたくさんの物語や伝説、歌を町に残しているのだろう。
 
 
まずはお詣りして…
 
ちょっとだけお話をお伺いできれば… と思っていたのだが…
 
 
Img_2203
 
結局、なんと一時間半も貴重なお話を聞かせていただけた。
途中、梅ジュースや甘いものまでいただいて… 恐縮至極。
 
 
現在も様々な地域芸能にも携わってられるのだが、奥さんは若い頃に「奈良ばやし」などを実際に三味線で演奏されていた、なんて話までお聞きできて興奮さらにプラス。
7月13日(土) 大安寺さんでのライブでやろうと思っている、奈良の古い古い唄だ。
 
そして、夏の終わりにはいつもお祭りをこちらでされるのだが
そうかぁ… やはりカジさん(梶原徹也さん)、こちらでも演奏されてたんだ! さすが(笑)。
なんてお話しもお聞かせいただき…
さらにはとても貴重な資料もお譲りいただいて、もう光栄すぎて感謝しきり…
 
 
もう一度、お礼にお詣りして源九郎稲荷さんをあとに…
 
 
Img_8894
 
すぐ近くにはいつも立ち寄る豪壮な遊郭建築があるのだが、今日は残念ながらもう閉館後。
 
 
もう一件、立ち寄りたい郡山の気になるお店があるのだが、夜の開店は一時間以上先。
それなら奈良に戻って、小川又兵衛商店 なら泉勇斎 で一杯ひっかけて帰ろうか… なんて思いながら一旦はJR郡山駅まで歩いたのだが…
 
ふと思い立って戻ることに。
 
また源九郎稲荷さんの手前の路地を通りすぎる際に赤い鳥居を前に抱く建物が目に入った。
 
 
Img_2213
 
このあたりは本当にお寺や祠が所せましを軒を連ねていて、これまで何度も何度も通っていても気にならなかったのだが、今日はやけに気になったんだよな。
そしてお詣りしようと足を踏み入れ、どちらの神様だろう… と見ていたら…
 
 
なんと、こちらもお稲荷さん。
こんな近くにおられたんだ。
 
これはこれは、と改めて頭を垂れる。
 
 
そして、帰ろうと踵を返すと…
 

…いや、これは語るまい。
信心深い自分が勝手にそう感じたことだ。
 
 
そして、近鉄郡山駅の方まで歩き、久々に aran cafe へ。
 
 
Img_2214
 
こちらは以前に √thumm のlioちゃんが店主をしていて、ライブをやらせてもらったり撮影をさせてもらった喫茶店なのだが、三年前にリニューアルして現在は店主も変わっていた。
現在の店主も素敵な女性で、これはまた郡山にプラッと来た際には立ち寄らせてもらわないとなぁ…
 
正直なところ、恐る恐る久々に店内を覗いたのだが、おかげで以前に何度かここでお会いした方とも再会できた。
 
奈良随一の城下町であった郡山はかつて二大花街を有する一大歓楽街であったことは以前にもアツく語ったが、その花街がある頃から料理屋におられた郡山の生き字引のようなママが今も常連さんで来られていた。
嬉しい再会。
久々にまた貴重な話を伺えた。
 
思い立って戻ってきて良かった。
 
そして、フライヤーも置かせていただきました。
ありがとうございます。
 
 
という間にほど良い時間になったので、先述の気になる店へ。
 
 
Img_8809
 
郡山城址を越えて、その北側の堀沿いを歩く…
 
 
Img_2215
 
おっと… ここは…
 
久々に通ったけど…
 
十代の終わりに事故って横転して死にかけたS字カーブだ。
 
 
あの頃はこんな柵はなかったよなぁ…
堀に落ちなくて本当に良かった。
 
今こうして生きてることに感謝。
いろいろ感謝。 改めて反省。
 
 
Img_2219
 
そしてやってきたのは プラチナ食堂
 
 
最近、県外のミュージシャンなどがライブをしている情報などで知って気になっていて、一度行ってみたいとは思っていたのだが…
 
 
Img_22192
 
あれ!?
 
日曜は夜もやってるはずなんだけど!?
 
 
などとショックを受けながら佇んでいると、怪しいヤツがきたと思った可愛いワンちゃんに店内から吠えられる始末(笑)。
 
 
しかし、そのおかげでお店の方がわざわざ出て来て下さった。
ワンちゃん、Good Job.
 
 
今日はランチが大盛況すぎて、食材が夜の分までもたないほどだった模様。
お店が流行るのは同じ奈良人として何だか喜ばしいことだし、また改めます、ということにしたのだが
せっかくなら、と店内を見せていただけることに。
 
 
で、もう入って即、心を奪われてしまったわ…
 
 
 
Img_2222
 
 
ステージの背後に広がるのは、いにしえの奈良の町に残る見事な田園風景。
 
とてもじゃないが、写真には収めきれない。
 
 
神社仏閣などの由緒ある景観とはまた違う魅力に一発で惹かれてしまった…
何だろう、自分の知ってる奈良の原風景に再会できた感じだろうか。
 
この景色を味わいながら音楽を楽しんでもらうには昼か夕方がベストだよなぁ… なんてついつい考えてしまっていたが…
とりあえずはまず近々またオープンされてるときにお伺いしたいと思っている。
 
 
そして、フライヤーも置かせていただきました。
ありがとうございます。
 
きっと、このお店に来る度に安全運転をしようと己を振り返るのでしょう(笑)。← 笑い事ではない。
それも悪くはないことだな。
 
 
さて、いい時間になってしまった。
奈良に戻っても、小川又兵衛商店 も なら泉勇斎 もあと数分で閉店だ。
郡山でどこかにフラッと入ってみるか、と散策。
 
 
Img_2224
 
Img_2226
 
郡山のこの城下町の町並みも良いんだよな。
 
 
Img_2228
 
観光案内所は蔵だしね。
 
 
Img_2229
 
おなじみ、紺屋川の風情はいつも心に沁みる。
 
 
なんて彷徨いながら、また近鉄郡山駅界隈まで戻る…
 
 
Img_2230
 
駅沿いには、生ビール250~300円なんてリーズナブルな居酒屋が軒を連ねていて途轍もなく魅力的なのだが、カウンターのみ5,6席というお店ばかりで、しかもチラ見すると空いているのは1,2席ばかり。
 
正直に明かすと、実は自分は結構な人見知りだ。
今日のここまでの行動だけ見ていれば、「ほんまかいな」 と思われるかもしれないが、実のところわりといつも頑張っているのだ。
勢いもあるし、必要性・必然性もあってできることだ。
 
 
今日のそのエネルギーは既に使い果たしてしまっていた…
 
 
ものすごく惹かれるところではあり、店の前で幾らか悩んでしまったが、結局その気力は残っておらず静かに帰途につくことにした。
 
 
しかし、ほんの数時間のことではあるが、実に意義深く充実した郡山散策であった。
貴重なお時間を割いて下さった皆さん、ありがとうございます。
 
 
郡山、今さらながらに… どんどん好きになってるんだよなぁ…
 
 
さて、そんな一日をさらに糧として、地元奈良での特別なライブに活かして参ります。
 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・

Blunote20196

風情ある奈良町にある本当に素晴らしい音空間、ブルーノート
他にはない、地元奈良ならではの特別なワンマン。

■6月29日(土) 奈良 ブルーノートならまち
 デ・オッシ ワンマン

 開場15:00 開演16:00
 予約2000円(Drink等別)

 

 ご予約はコチラにて

※席数に限りがあります。
是非どうぞ早めのご予約をお願いします。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・
 
1_3

■7月13日(土) 奈良 大安寺(獅子吼殿)
 野上朝生×デ・オッシ 『奈良を唄う』
 開場16:30 開演17:00
 終演19:30予定
 予約 2500円
 ご予約はコチラ 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・

今週は 名古屋・岡山 へ!
 

Img_0646

■6月13日(木) 名古屋 Bar Strega

 『定点観測』
 開場19:00 開演20:00
 2500円(TableCharge込/Drink別)
 出演:デ・オッシ,神一重

ご予約はコチラにて


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・

Photo_1

■6月15日(土) 岡山 MO:GLA
 「オカシナまやかしノ夜」
 ツーマンSpecial vol.3
 開場18:00 開演19:00
 前売2500円 当日3000円 (1Drink別)
 出演:デ・オッシ,PESMI&PICCI


ご予約はコチラにて

 
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・
 

« 奈良町ってそもそもどんな町? | トップページ | オカシナまやかしノ夜 ツーマンSpecial最終夜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良町ってそもそもどんな町? | トップページ | オカシナまやかしノ夜 ツーマンSpecial最終夜 »

フォト
無料ブログはココログ