« 大和郡山の源九郎はん | トップページ | 奈良の老舗の蕎麦と未だ知り得なかった絶景 »

2019年6月16日 (日)

オカシナまやかしノ夜 ツーマンSpecial最終夜

今年1月から岡山で開催してきたツーマンシリーズの第三回目が終わった。
岡山MO:GLAで昨年から思案してきた目論見。
そして昨年秋の時点では本当に何も決まっていなかった2019年という年における唯一の計画だった。
 
岡山のPESMI&PICCIと三度に渡り、音楽的にも切磋琢磨しつつ盛り上げていこうというシリーズだった。
 
 
62678864_1389558117849216_61638355522200

 
共演者とのコラボレイトというのは自分たちにとって定番であり、お馴染みなことでもあるが、それぞれに独特の混ざり具合があり独自性があり、それはもちろんPESMI&PICCIも同様だった。
第一夜では既存曲でのセッションだったが、そこで感じたおもしろさから、第二夜は我々デ・オッシの「ゆきずり」をPESMI&PICCIアレンジで。
そして、最終夜である昨夜はPESMI&PICCIの「こがねむし」をデ・オッシ アレンジでお届けした。
 
この「こがねむし」はPESMI&PICCIらしいユニークな世界観と危ういほど鮮烈なメロディが優しい曲の中にひしめいている。
この曲を理解しまた新たに良い展開に持っていけるのは自分たちしかないだろう、という自負で請け負った。
主なアレンジはとるこ、そして歌とギターのハーモニーはわたくし。
 
ここしばらくはこの曲をじっくり聴き、何度も何度も体に沁み込ませていたのでこれまで以上に好きになった。
…というより、もはや自分たちの曲のように血肉になった節もある。
なのでこの日しかないだろうという時に改めてデ・オッシVer.で味わってもらおうと密かに思っている。
 
 
昨夜のライブ中は何故かふと、この半年の岡山での様々な想いが蘇ってきた。
 

64342704_2789637511078365_52241462975476

 
岡山での、しかもこの広いMO:GLAでの、“ワンマン” という目標を定めてやってきたこと。
ここMO:GLAでのライブ、あるいは何度かプロモーションライブをさせてもらったエブリイでのことも。
 
 
64922284_350500402279519_754917985200006

 
一音一音を味わい、噛みしめるように演奏できた夜だった。
 
 
なんて気持ちよく演奏させてもらえるんだろう。
 
なんて歌うことが幸せに思えているんだろう。
 
 
思えばもうずっとここMO:GLAでは、ライブとしては最高な感覚しか記憶にない。
 
それはこの場所が持つ力であり、そして、PAゆうすけ君のおかげである。
エブリイでも、ゆうすけ君にお世話になりっぱなしだ。
 
もはや、ほとんど注文することなどもない。
岡山においては第三のメンバーとさえ感じているほど全幅の信頼を寄せている。
 
そして、MO:GLAオーナー サンジさんの照明がまた抜群なんだ。
そう、そうなんだよ、世界を彩るってそういうことなんだよ! って思える絶妙さがあるのだ。
 
 
Img_2290
 
そんな最終夜はPESMI&PICCIから。
毎回見事にクオリティを更新してきていた。
この第三夜は音楽的に当然ながら最高なものだった。
 
 
そして続くデ・オッシのステージは、PAゆうすけ君の爆笑から始まった。
 
 
本番前、さぁこれからスタートというステージメイキングの時点で、とるこさんの椅子が崩壊(笑)。
 
MO:GLAではお馴染みの、回るシルバーのハイチェアーを破壊。
 
 
62576088_2024613494512117_26844477178406
 
そんなハプニングもありつつ、ライブはスタート。
 
 
64214054_1020976154766750_69708292496618
 
64392842_361348647918329_488882021772086
 
64638787_628364254334125_611852004376969
 
64737824_313676576208197_545468337444460

 
そして前述のように、MO:GLAにすべてを委ねて自らが音楽の世界にどっぷりと入り込める、最高な時間を味わうことができた。
とても素晴らしい時間だった。
 
 
64479807_1957789550992061_90432159614270
 
64459752_415063686017183_670995457678036
 
62559427_2333352046883435_21147604424956
 
最後の 「ゆきずり」 セッションは最高だった。
 
Stage Photo by Murasaki-san Thanks!!
 

 
正直なところ、興行的には厳しい面も大いにあった。
しかし、とても実のある目論見で、それを本当に意味あるものだったとするのは自分たちのこれからにかかっている。
とてもとてもありがたい時間だったのだから。
 
 
雨が降りしきる中、ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました。
 
三度に渡りお付き合いいただき、刺激をくれたPESMI&PICCIに感謝。
 
そして、MO:GLAファミリーには感謝と愛があふれすぎて、言葉で表現することさえままなりませぬ。
もう愛してるとしか言えない。
 
 
更に…
 
MO:GLAファミリーの天使たちが本番前にくれたもの。
 
 
Img_2291
 
デ・オッシの宝物です。
 
 
62520612_414677845786307_379148107030252
 
昨夜のステージでは とるこのイヤリングになりました。
  
ひなた・かなた
ありがとう!
 
 
さて、来月はとうとう デ・オッシのワンマン at MO:GLA!
岡山での初ワンマン!
 
ようやく岡山の地で、このMO:GLAの最高なサウンドの中で、デ・オッシの世界にどっぷり入り込んでいただきます。
 
 
どうか是非とも足を運んでください。
じっくりと味わってもらえることを心から願っております。
 
 
Img_2287
 
■7月27日(土) 岡山 MO:GLA
 「オカシナまやかしノ夜」
 デ・オッシ ワンマンSpecial
 開場18:00 開演19:00
 前売2500円 当日3000円 (1Drink別)
 
ご予約はコチラまで
 
※終演後、アフターライブパーティを開催します
21:30頃~23:30終了予定。
別途 2,000円(1Drink,お料理,“ミニライブ”付)
参加ご希望される方はチケット予約の際に「アフターライブパーティ参加」 の旨をご明記ください。
あるいは、当日でも受付可能です。
 
 
心よりお待ちしております。
 
 
そして、とるこさんが破壊したチェアーがコチラ。
 
 
Img_2296
 
 

さて、二週間後は地元・奈良での特別なワンマン!

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・

Blunote20196

風情ある奈良町にある本当に素晴らしい音空間、ブルーノート
他にはない、地元奈良ならではの特別なワンマン。

■6月29日(土) 奈良 ブルーノートならまち
 デ・オッシ ワンマン

 開場15:00 開演16:00
 予約2000円(Drink等別)

 

 ご予約はコチラにて

※席数に限りがあります。
是非どうぞ早めのご予約をお願いします。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・
 
60520885_383160525624054_585565354544490
 
■7月9日(火) 大阪 umeda TRAD
 the OLD ROOKIES vol.7
 開場18:30 開演19:30
 前売3000円 当日3500円(Drink別)
出演:吉本篤央,デ・オッシ,LEE-BEN,イシワタケイタ
 
 ご予約はコチラにて
 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・

 
1_3

■7月13日(土) 奈良 大安寺(獅子吼殿)
 野上朝生×デ・オッシ 『奈良を唄う』
 開場16:30 開演17:00
 終演19:30予定
 予約 2500円
 ご予約はコチラ 
 
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・
 

« 大和郡山の源九郎はん | トップページ | 奈良の老舗の蕎麦と未だ知り得なかった絶景 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大和郡山の源九郎はん | トップページ | 奈良の老舗の蕎麦と未だ知り得なかった絶景 »

フォト
無料ブログはココログ