« 奈良案内リスト Part2 | トップページ | 20余年の想いが胸に去来した深い夜 »

2019年7月 1日 (月)

ブルーノートでのワンマン、そして奈良めぐり

デ・オッシ ワンマン at ブルーノートならまち
 
  満員御礼
 
 
Bluenote20196291
 
Photo by M. Moriyama-san Thank you so much!
 
7ヶ月ぶりとなったブルーノート、そして地元・奈良でのワンマン。
たくさんの方にお越しいただき、たまらなく幸福な時間となりました。
 
 
Img_2562
 
当初は大雨の予報だった当日。
それが快晴とは言えないまでも、タイミングよくほぼ雨に苛まれずに済んだのは奇跡的。
そのかわり、盆地特有の酷暑が到来し、ご来場いただいた方々には少なからずご苦労をおかけしたかもしれません。 
その分、ブルーノートのあの洗練された町家空間がオアシスに感じられたのでは…
 
 
その楽器が持つ本来の音を響かせてくれるブルーノート。
また、特に歌が気持ち良くて、その瞬間の心のままに空気を振動させられているような気がしている。
 
故に、とても耳が鋭敏になり、自分自身が繊細な部分まで心を込めざるを得なくなる。
そんな特別なサウンドをもつ空間。
 
 
ライブ会場それぞれに特有のサウンドがあり、それぞれに魅力がある。
そういう点もまた生のライブというものの大きな楽しみのひとつ。
その中でも、ここでしか味わえない特別さが際立っているのがブルーノートだと思う。
 
 
そんな響きを、そしてこのムードを活かすべく、インスト ~ 『眠りの町』 からスタート。
 
 
Dsc_0183_1
 
Photo by Matsu Thank you so much!
 
 
前半は珍しくアップテンポなもの多めで攻めつつも、音に身を委ねるべくクールに…
 
 
と思っていたが… いつの間にやらトークもアップテンポに饒舌に。
 
 
Bluenote20196292
 
Photo by M. Moriyama-san
 
物語の世界に入り込んでもらえるように、と緩急ある流れを大切にしながら…
最後はアンコールもいただき 『狼変化』 で賑々しく終幕。
 
とても心地良い幸福な時間をいただきました。
あらためて、ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。
 
 
2019. 6. 29 ブルーノートならまち
 
1. inst ~ 眠りの町
2. 茜色
3. 秘密
4. Entry of the Gradiator ~ 浅き夢
5. Csikos Post ~ ナマスナマステ
6. 惜別の歌
7. 西を目指して
8. 狐狸の葬列
9. 解夏
 
10. 草原列車
11. 永遠の妄想
12. 弾指刹那
13. 万華鏡
14. ゆきずり
15. 出口のない町、あるいは終わりのない回廊
16. 輪廻の郷
17. ムクロジ
18. 微塵もない
19. ソラの世界
 
encore
20. 決めた
21. 狼変化
 
 
さて、月が変わって
今月7月奈良で素敵なイベントが待っております。
南都七大寺のひとつ、大安寺 での珠玉の企画 『奈良を唄う』 を含む3デイズ!

是非、チェックしてみて下さい。
デ・オッシ Website
 
 
 
 
ブルーノートでのワンマンの翌日は、午前中から奈良散策へ。
 
今年、岡山MO:GLAにて三度に渡りPESMI&PICCIとツーマンを繰り広げてきたのだが、そのギタリスト PICCI君が デ・オッシのワンマン奈良 を共に満喫するために岡山から駆けつけてくれていたので案内することに。
お互いに時間があるならば連れ回したいところは僻地まで様々あるのだが…
奈良は修学旅行以来だというので、それならばと自分の日常的な散歩コースであり超定番であるルートへ。
 
 
猿沢池で待ち合わせ、東大寺へ向かう。
その途中で我が両目が腫れてくるというアクシデント。
さすがに疲れが残っていたのか若干の違和感があったのだが、少々弱っていたところで何かアレルギー反応が出てしまった模様。
 
というわけで急場しのぎでお土産物屋に駆け込み…
 
 
Img_6373
 
東大寺へ。
 
PICCI君は昨日、なら仏像館で自分とまったく同じ姿の仏像と対面したということで…
 
 
Img_2567
 
たしかに… いらっしゃったような…
 
 
そして、世界最大の鋳造仏を職人目線で満喫する男、PICCI
 
 
その間に雨は本降りに。
しばらく大仏殿内で様子をみるも埒が明かないので、少しマシになったところで二月堂へ。
 
 
Img_6375
 
やすし&PICCIを探せ。
 
 
Img_2569
 
とるこを探せ。
 
 
Img_2571
 
そして、手向山八幡宮に参拝し、若草山の麓へ
 
 
Img_2572
 
菊一文珠さん (菊一文珠四郎包永)
鎌倉時代より刀剣の匠として銘を受け、その秘伝の技を今日に伝える打刃物類製造販売会社。
『奈良めぐり』 の唄にも登場する名店。
 
この名前、憶えておいてね。
 
 
Img_2577
 
生まれて間もない小鹿も愛でつつ
 
 
Img_2579
 
春日大社では何故か鹿に手を無我夢中で舐められる男 PICCI
 
 
そして春日大社参道を通りながら飛火野や浅茅ヶ原、ムクロジ、影向の松などを紹介しながら猿沢池に戻る。
そこから上ツ道 (かみつみち) に入り、奈良町へ。
上ツ道とは大和の古道のひとつであり、奈良時代の藤原京と平城京とを結ぶ幹線道路の一つ。
伊勢街道・奈良町通りとも呼ばれている。
昔は旅籠が軒を連ねて賑わい、そこで作ってもらった弁当をもって旅人が初瀬や伊勢に出かけたとのこと。
 
この猿沢池あたりが出発点で、すぐに昨夜のブルーノートの前を通過。
そのまま南へ進み、ならまち大通りを渡ると現れるのが…
 
 
190110145941yy99_l
 
築250年の元両替商の町家を利用した食事処 「はり新」。
 
 
Img_2586
 
Img_2587
 
武家造りの特徴を残すお座敷にて
 
 
Img_2581
 
Img_2582
 
かみつみち弁当
 
奈良に因んだ食材と調理法で旬の和食をいろいろと楽しめる逸品。
乳をひたすらに長時間煮込んで作る、飛鳥・奈良時代の古代チーズ 「」 も楽しめる。
 
 
Img_2584
 
蘇の説明を満面の笑みで読む男 PICCI
 
奈良の歴史にも深い関心を持ち、そもそもそういった話には造詣も深く感度も高い彼なので、こういうお店の方が楽しんでもらえるのではないかと思ったわけだ。
 
 
美味しい料理と風情と歴史を味わった後には、軽く奈良町散策。
 
 
Img_2596
 
後姿のシルエットだけで説明不要な男 PICCI
 
 
Img_2597
 
 
Img_2599
 
以上、格子の家からお届けしました。
 
 
Img_2600
 
そして、おなじみ 小川又兵衛商店 にて昼呑み開始。
 
 
さらに、ブルーノート近くにオープンしたクラフトビールのお店 Golden Rabbit beer へ。
 
Img_2604
 
 
Img_2605
 
「そらみつ」「あおによし」などの奈良発クラフトビール。
それを生で五種ほど楽しめるタップルームにて乾杯。
 
 
更には、奈良の地酒を250種試飲できる立ち呑み処 「なら泉勇斎」 にて
 
 
Img_26083
 
古代ひしおも投入しつつ、四種ずつ美味い酒を堪能し…
 
このように朝から奈良を引きずり回し、酒も次々とくらわせて、見事に撃沈寸前にしてやりました。
 
俺を。
 
 
ふん… 口ほどにもないわ。
 
俺。
 
 
別れた後にもPICCI君は車窓から見える平城宮朱雀門に惹かれて、途中下車してわざわざ夕暮れ時の平城宮跡を彷徨ったらしい…
 
そして更に一人呑みして岡山へ帰ったらしい…
 
 
手強い…
 
 
そんな、奈良での濃厚な2デイズが終わりましたが
月が変わって今月7月はこれまた濃厚な 奈良3デイズ が待っております。
 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・

デ・オッシはこれまでも奈良の四季折々の風景や日常を歌にしてきましたが、そんなオリジナル曲と共に ━━━
明治から昭和初期、花街を中心に奈良の人々に愛されていた小唄や歌謡曲、それらを当時の風情を大切にしつつ、我々ならではのアレンジで。
 
1_3

■7月13日(土) 奈良 大安寺(獅子吼殿)
 野上朝生×デ・オッシ 『奈良を唄う』
 開場16:30 開演17:00
 終演19:30予定
 予約 2500円
 ご予約はコチラ

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・

Photo_20190701133901
 
■7月14日(日) 奈良 プリトミ(Pleased To Meet Me)
 ━━━ 完売 ━━━
 デ・オッシSpecialワンマン
 『やすらぎの未知』
※イベント中は店内禁煙とさせていただきます。
 
 
642_20190701134001
  
■7月15日(月祝) 奈良学園前 642PIZZA
 『流し素麺と夏の想ひで』
 11:00~14:00
 ミニライブは11:15~
 参加入場料 642円(素麺食べ放題)
 小学生以下 300円
 PIZZA,BBQ,Curryアリ。
 ≫ 642PIZZA

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・

 
その前に!
 
 
来週は1年9ヶ月ぶりの Umeda TRAD!

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・
 
60520885_383160525624054_585565354544490
 
■7月9日(火) 大阪 umeda TRAD
 the OLD ROOKIES vol.7
 開場18:30 開演19:30
 前売3000円 当日3500円(Drink別)
出演:吉本篤央,デ・オッシ,LEE-BEN,イシワタケイタ
 
 ご予約はコチラにて

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・
 
更に月末はいよいよ、岡山での初ワンマンです!
 
Img_2287
 
■7月27日(土) 岡山 MO:GLA
 「オカシナまやかしノ夜」
 デ・オッシ ワンマンSpecial
 開場18:00 開演19:00
 前売2500円 当日3000円 (1Drink別)
 
ご予約はコチラまで
 
※終演後、アフターライブパーティを開催します
21:30頃~23:30終了予定。
別途 2,000円(1Drink,お料理,“ミニライブ”付)
参加ご希望される方はチケット予約の際に「アフターライブパーティ参加」 の旨をご明記ください。
あるいは、当日でも受付可能です。
 

« 奈良案内リスト Part2 | トップページ | 20余年の想いが胸に去来した深い夜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良案内リスト Part2 | トップページ | 20余年の想いが胸に去来した深い夜 »

フォト
無料ブログはココログ