« ここは天国かな? ~GW3デイズ~ | トップページ | 地味でささやかながら大きな転機 »

2022年6月17日 (金)

逆境と正念場

ゆっくりとだが、確実に、自分の人生(生活)がある一点を除いて瓦解していっているのをここしばらく目の当たりにさせられている。
すべて自分の責任ではないところで起こっていることではあるのだが、これまでそこに甘んじていた自分がいることも確かなので、自分の人生においては決して責任がないなどとはいえない。
 
ただその救いの “ある一点” が、デ・オッシでの活動、そこに伴う音楽的な喜びにあることで冷静さを保てている。
傍から見たら何も大したことには見えないだろうし、実際に何も大きく変わることはないんだけど、いまデ・オッシの状況はとても良くなっていっている。
これもまた、ゆっくり静かに少しずつではあるが。
非常に地味だが、あらゆる面で歯車が噛み合っていっている。
逆に言うと、これまでどうあがいても噛み合わないままよくやってきたよな、なんてふと思い返していたりさえする。
これは数字や順位などで表されるものではない感覚的なものなので、実に信憑性は疑わしいのだが、だからといって自分自身に疑う余地がないのならそれは真実なのだ。
 
いやはや、この世にはやはり正負の法則なるものがあるのかもしれないな。
プラスマイナスのバランスをとることでのみこの世の条理は成り立つのだろうか。
慎ましやかにほどほどの生活で満ち足りることを知る人が大きな災難に遭わずに生涯を終えることもあれば、誰しもが羨むような華々しい大成功を収めた人が地獄のような苦しみや悲しみをも体験することも決して珍しいことではない。
 
まだ幸いではあるのは、そのデ・オッシとしての音楽活動とイチ音楽家としての自分を何より大切にしたいことで、そこが明るいなら何より救われることである。
逆ならとても厳しい。とても辛い。
もはや金銭的な問題ではない。
一個人としてどう生きたいか、何者でありたいか、そこだけは望みを絶やすことないようにしたいと思っている。
 
とはいえ、理想や理屈だけでは生きてはいけない。
 
まさに逆境。
逆境こそチャンスのとき。
 
そして、ここが正念場かな。
 
覚悟しないと先はないかもしれないぞ、自分よ。
 
 
 
そして
 
 
これまで計り知れないほどの愛情を注いで支えてくれた方々への感謝の気持ちも増すばかりです。
本当にありがとう。
 
 
 
----------------------------------------------
 
Photo_20220617233301
 
Photo_20220617233302
 
Hituya_03_20220617233301
 ≫ 詳細・ご予約
 
7_20220617233401
 
730
 
Ennichi2022_03424x600
 ≫ 詳細・ご予約
 
Nichijyouf2
 ≫ 詳細・ご予約


   デ・オッシ Website
 

« ここは天国かな? ~GW3デイズ~ | トップページ | 地味でささやかながら大きな転機 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ここは天国かな? ~GW3デイズ~ | トップページ | 地味でささやかながら大きな転機 »

フォト
無料ブログはココログ