« 川井聖子 大安寺奉納コンサート | トップページ | 写真撮影秘話 »

2022年10月17日 (月)

“奈良にくぎづけ Epic Day 2022” を振り返る

昨日の デ・オッシ ワンマンショウ 『奈良にくぎづけ Epic Day 2022』 にお越しくださった皆さん、本当にありがとうございました。
 
ライブ中に急遽加えた曲もあり、そして二度のアンコールをいただいての24曲。
インストの前奏曲も含めれば全29曲のボリュームでお送りしました。
内、新曲は6曲!
 
Epicday20221
 
 
今年一番のワンマン、渾身のワンマン、と掲げていただけに、もちろん気合いは十分で様々なイメージは早くから頭の中に描いておりましたが
それまでに控えている各種イベントにもそれぞれ力を注ぎたいので、細部まで決めることができたのは結局一週間ほど前のことでした。
 
新曲もやる、と明言していましたが、現時点ではまだどれをどのような形にするかというところには至っておらず、そこから猛攻の総仕上げ。
当初は 「紅斜陽」 「蓮の夢」 だけの予定だったかな?
そのあたりからようやく流れも見えてきて、ひとまずのセットリストを決定。
まだリハーサルという段階ではなかったけれど、イメージができてくると、頭も心もどんどんクリエイティヴになっていく。
 
すると生まれるわ、生まれるわ… 新たな曲が。
とるこさんが年始からずっと続けていた 「一日一曲」 もここにきてまた大活躍。
 
最終的には、もうこのへんで止めておこう(笑)!
この期間でこんなにたくさんのものをちゃんと仕上げられないから!
と、お互い思い留まり、結局6曲ほどを形にすることに。
 
実際にワンマンのリハーサルに入ったのは三日前のこと。
(四日前にVanda melilieにて齊藤さっこちゃんとのツーマンがあったからね。)
そこからの三日間はそれぞれで、あるいはスタジオリハで半ば缶詰状態でした(笑)。
 
 
そして、迎えた当日。
 
ステージ上に三つのステージを作るというアイデアを実践。
ひとつのライブの中で、それぞれまた異なる雰囲気の様々なライブを楽しんでもらいたいという想いで。
 
 
1_20221017162201
 
ランプの灯りに包まれる部屋エリアを設営、チェックしてくれるEVANS CASTLE HALLスタッフの石田君。
今回もあらゆる面でご尽力いただきました。
 
 
2_20221017162201
 
昨年も登場させたサーカス的な電飾を今年もセッティング。
 
 
3_20221017162201
 
ようやく今年のスペシャルなステージが完成。
 
 
6_20221017162301
 
デ・オッシのサウンドチェック、リハーサルも開始。
 
 
5_20221017162301
 
使用したギターは3本、アコーディオンも3台。(三味線は一本)
ちなみにこちらの部屋では 1927年ドミンゴ・エステソ(Gt) と EXCELSIOR(Acco)を。
 
 
7_20221017162301
 
本番前に疲れてしまわないように、と言っていながら、やはり入念にチェックしておきたかったので、休みなしでほぼ全曲通してしまった…(笑)。
 
 
そして、慌ただしく着替えたり準備をしている間にもう本番!
 
 
Epicday1
 
第一部は物語を紡いでいくような、少し緊張感のある流れからスタート。
 
 
Epicday20223
 
Epicday202252
 
ランプ部屋では 「すすきに隠れて」 と 「いそがし」 の二曲を。


でもそこから、だんだんと、いや俄然気分も上がってきて… 
 
 
Epicday202212
 
これはもう一曲ブチあげておきたい、と急遽一曲追加。
 
そして、第一部最後は 「深吉野の声」 で締め。
 
 
続く第二部は
 
 
Epicday20226
 
一本のコンデンサーマイクのみで歌い奏でるオールドスタイルからスタート。
 
 
Epicday202262
 
こちらでは新曲の 「すべてをゆるすひ」 「蓮の夢」 の二曲を。
 
 
Epicday202263
 
ここで使用したのは、ルーマニア製のミニギターとNew Yorkツアー時にピアニスト西川悟平さんから譲っていただいたアコーディオンを使用。
 
 
Epicday20222
 
様々な楽器を続々と替えたからか、思いのほか力が入っていたのか、「たそがれ」 を弾いているときに指が攣り、まったくコントロールが効かなくなっていしまいとても焦ったのですが…
なんとか、1,2曲で回復。
とるこさんも急遽インストで繋いでくれましたが、アレなかなか良かったな(笑)。
調査放談でおなじみ(?)の 「封筒」 のメロウver.
 
 
Epicday20228
 
本編ラストは更に新曲 「紅斜陽」 からの、前奏曲からの、 「微塵もない」。
ここは密かに興奮、そして感動の中で歌い奏でてました。
 
改めて沸きあがる感謝の気持ち。
 
 
そして、二度のアンコールをいただき、今年のスペシャルワンマンは終幕。
 
 
Epicday20229
 
今回のポスター、フライヤーなどに使わせてもらった くろあちゃん の切り絵の原画も展示。
皆さんに愛でていただきました。
 
 
たった一日の、たった数時間のことでしたが、この日を迎えるまでの日々、そして当日会場入りしてからのことを思うと、またとても思い出深く感慨深い日となりました。
 
ご来場くださった皆さん、あらゆる面でサポートしてくれたEVANSの皆さん、終始尽力してくれた岡本規、この日に向けてポスターを貼ってくださったお店の皆さん
改めて、本当にありがとうございました。
 
 
新曲の歌詞も コチラ に公開しております。
また、この曲たちが進化・成長していく様子も味わいに来てもらえると嬉しいです。
 
 
2022.10.16 デ・オッシ ワンマンショウ
『奈良にくぎづけ Epic Day 2022』 Setlist
 
【第一部】
 
1. inst. 馬車は行く (新曲)
2. 眠りの町
3. 秘密
4. 帰るべき場所
5. inst. Tokushima (仮)
6. ソラの世界
7. 比丘尼の子守歌 (新曲)
8. すすきに隠れて
9. いそがし
10. 踊ろう! (新曲)
11. inst. 前を目指して (仮)
12. 西を目指して
13. 狼変化
14. 深吉野の声
 
【第二部】
 
15. すべてをゆるすひ (新曲)
16. 蓮の夢 (新曲)
17. たそがれ
18. 出口のない町、あるいは終わりのない回廊
19. 金色
20. 浅き夢
21. 永遠の妄想
22. 聴色 ~ゆるしいろ~
23. 虹祭 ~にじまつり~
24. 紅斜陽 (新曲)
25. inst. 微塵も前 (仮)
26. 微塵もない
 
encore
 
27. inst. 前輪 (仮)
28. 輪廻の郷
 
encore2
 
29. ナマスナマステ
 
 
Epicday20227
 
------------------------------------------------
 
 【 急遽決定!】
 
“奈良の食材とシェフの祭典” シェフェスタ に出演します!
デ・オッシの出演は 10月30日(日) 13:00~13:30
場所は 奈良公園 登大路園地 (県庁向かい)
 
美味しいお料理と共に音楽を楽しんでくださいね。
 公式 Website
 
------------------------------------------------
 
Photo_20221017163501
 
■11月10日(木) 名古屋 ナイトカフェ弾き語り
  【18名限定】
 デ・オッシ×川沿クタ子
 『歓喜の宮殿』名古屋編
 開場19:00 開演19:30
 2000円(飲食代別)
   ご予約
 
 
Photo_20221017163601
 
■11月11日(金) 東京 代々木Barbara
 Barbara presents「粋狂の陣」
 開場18:00 開演18:30
 前売3000円 当日3500円(1Drink別)
【出演】
(O.A)成夢,蜂鳥あみ太=4号とショルヘーノ,石川浩司,デ・オッシ
MC:伊藤じゅん
デ・オッシは二番手 19:10~ くらいの予定。
   ご予約 
 
 
 ~~~~~ 残席わずか ~~~~~
Thequrodeossi
 
■11月12日(土) 東京 泪橋ホール

 thequro × デ・オッシ
 『泪橋で逢いましょう』
 開場15:00 開演15:30
  【20名限定!】
 ご予約 3,000円(+オーダー) 
   ご予約  
 
 
Photo_20221017163701
 
■11月13日(日) 静岡 UHU
 丸山研二郎&原口朋丈 × デ・オッシ
 「おとぎばなしの夜明け」第二章
 開場18:00 開演19:00
 前売2500円 当日3000円(Drink別)
   ご予約  
 
 

« 川井聖子 大安寺奉納コンサート | トップページ | 写真撮影秘話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川井聖子 大安寺奉納コンサート | トップページ | 写真撮影秘話 »

フォト
無料ブログはココログ